そばかす コンシーラー

意外と知らない!そばかすが消えるコンシーラー術!

そばかす コンシーラー

 

正直コンシーラーを使いこなせてる方ってどのくらいいらっしゃるんでしょうか?

 

コンシーラーってみなさん持っていますか?

 

シミやそばかすなどをカバーする為に使う化粧品ですが、ドラッグストア並んでいるものを見ると種類が豊富でどれが自分に合ったものかわかりづらいですよね。

 

コンシーラーにも種類ごとにオススメの使用方法があります。

 

<リキッド>

 

液体のコンシーラーで塗りやすいのが特徴で伸びもいいので広範囲に塗れます。

 

ただカバー力は低いので要注意!その分自然な仕上がりになるので、ナチュラルメイクの方にオススメです。

 

筆ペン式や先端がチップ式のものなどが一般的でチューブ式もあります。

 

<クリーム>

 

リキッドよりも少し粘度がありますが、カバー力は低めです。

 

クリーム状なので容器に入っていたり、数種類のカラーがパレット式に入っていたりなどあります。

 

色の濃さを使い分け重ね塗りせずに自然な仕上がりにすることができます。

 

<スティック>

 

固形でカバー力は高いですが、伸びが良くないのでピンポイントにカバーしたい方に向いています。

 

気になる部分をしっかりカバーができますので、シミなどが濃ゆくて困っている方はスティック式がいいでしょう。

 

<ペンシル>

 

鉛筆のようになっており、カバー力が高いのが特徴です。

 

ピンポイントで細かくカバーしたい方はペンシル式を持っておくと便利です。

 

 

一般的には「クリーム状」「スティック状」のものを使用している方が多くいらっしゃいます。

 

「クリーム状」で全体をカバーし「スティック状」でピンポイントカバーを行うとシミやそばかすのカバー率が上がります。

 

 

【コンシーラの色】

 

実はコンシーラーにも色があり、メイクアッププロの方になると数色のコンシーラーを混ぜ合わせ肌の色に合わせたカバーをしていきます。

 

シミやそばかすのカバーをする際は「実際の肌よりも暗めの色」で塗ると目立ちにくくなるんです。

 

クリーム状のものでパレット式のように数色あれば、自分の肌に近い色を混ぜ合わせて作ることができます。

 

コンシーラー自体一回に使う量は少量なので長持ちします。

 

シミ・そばかすだけでなくコンシーラーで顔にメリハリをつけたりもできますので、持っていて損はしないアイテムです。

 

【内側からそばかすを無くすには?】

 

シミ・そばかすの色が濃ゆくて「コンシーラーでカバーすると厚くなってしまう」っていう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

忙しい毎日の中で普段からメイクに時間をかけれない方には、内側から改善していきましょう。

 

「キミエホワイトプラス」は第3類医薬品として認められているシミ・そばかす用のお薬なんです。

 

効果も認められている商品ですので、ぜひ「内側からの改善」に活用してみてはいかがでしょうか。

 

>>シミ・そばかすに飲んで効く「キミエホワイトプラス」