そばかす 種類

意外と知らないシミ・そばかすの種類と対策を解説

そばかす 種類

 

そもそも「そばかす」の定義とはなんでしょう?

 

皮膚にできるシミの一種で「数ミリ程度」の「茶色いシミ」の集まりがそばかすというようです。

 

これから紹介するシミの種類はサイズによって「そばかす」と呼ぶこともあるようです。

 

そばかすもサイズは小さいですが「シミ」なんですね。

 

 

【肝斑(かんぱん)】

 

<原因>

 

顔に左右対称にできるシミのことを肝斑と呼び、最近よく広告などでも目にする言葉です。

 

30代?40代の女性にできやすいシミですが、原因は「ホルモンバランス」が関係していると言われています。

 

妊娠中やピルの服用によりできやすくなる方もいらっしゃいます。

 

<対策>

 

紫外線を避けることはもちろんですが、ホルモンバランスの乱れにも気を付けましょう。

 

お肌のピーリングをすることで、古い皮膚が剥がれ新しい皮膚を生成するので、薄くなりやすいです。

 

普段のケアで治すことができる種類のシミ・そばかすになります。

 

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

 

<原因>

 

紫外線によるダメージで出来るシミの種類代表格となります。

 

大きいものだと数センチにもなり、色も濃い茶色になりやすく目立ちやすシミです。

 

顔以外にも紫外線があたりやすい場所・露出の多い場所にできやすいのが特徴です。

 

年齢を重ねるごとに濃ゆくなっていきますので、早い段階での処置が必要になります。

 

<対策>

 

若い頃からのUVケアが大切になります。

 

すでにはっきりとしているものは、レーザー治療でピンポイントに治したり、フォト(光)治療が効果的になります。

 

外用薬としては「ハイドロキノン」「トレチノイン」と言ったお薬があります。

 

老人性色素斑は美容目的の治療を行うため保険適用外となりますので注意してください。

 

雀卵斑(じゃくらんはん)

 

<原因>

 

小さな斑点が鼻を中心に散らばっており、遺伝子的なもので幼少期からあるシミの種類です。

 

<対策>

 

遺伝子的な問題のためレーザー治療でないと取れにくいので治療は高額になりやすいので注意しましょう。

 

花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)

 

<原因>

 

強い日焼け後に出来ることが多く、夏の終わりごろから徐々に出てくるシミの種類になります。

 

小さい茶系の斑点がいくつもでき、肩や背中にもできやすいので注意しましょう。

 

紫外線によるシミの中で「そばかす」に分類されるサイズで一般的に日本人がなりやすい種類のシミになります。

 

<対策>

 

日焼け止めを塗り紫外線対策をしっかりと行いましょう。

 

日差しをたくさん浴びた日には、しっかりと毛穴を引き締めてくれ鎮静効果のあるローションで保湿などを行いましょう。

 

【摩擦黒皮症(まさつこくひしょう)】

 

<原因>

 

下着などで皮膚が擦れることで出来るシミの種類になります。

 

意外と見落としがちですが、擦れが原因で起きる物理的なシミなんです。

 

<対策>

 

日常の擦れでできるため、意外と深層まで色素が付着しとり治療には時間がかかる場合もあります。

 

衣服の擦れに注意し保湿やピーリングをこまめに行うようにしましょう。

 

 

サイズによって呼び名は異なりますが「シミ」に変わりはないので、紫外線対策はしっかりと行いましょう。

 

様々な種類の「シミ」があり、中には保険適用で治療できるものもありますので、皮膚科などの専門医に相談してみましょう。

 

>>シミ・そばかすに飲んで効く「キミエホワイトプラス」