しみ そばかす

しみとそばかすは、どこがどう違うの?対策方法は?

キミエホワイトプラスしみとそばかすって、見た目の違いは何となくわかるけど、その原因や対策方法の違いは、ちょっとわかりませんよね。

 

今回は、しみとそばかすの違いと対策方法についてお伝えしますので、ご自分の肌の悩みの特徴や原因を知って、対策方法の参考にしてくださいね。

 

しみとそばかすの違いについて

 

<しみについて>

 

しみは、黒色メラニンが肌の表面に蓄積して、通常の肌よりも色が濃く見える部分のことを言います。

 

しみには、肝斑(かんぱん)、老人性色素斑、炎症性色素沈着、花弁状色素班などがあります。

 

肝斑(かんぱん)は、30代、または40代で発症する方が多く見られます。また、妊娠やピルの服用をきっかけに発症したり、閉経後に解消されたようになくなったりすることから、女性ホルモンが原因となっているのではないかと言われています。

 

老人性色素斑は、年齢を重ねると、できやすくなり、通常私たちがしみと呼んでいるものは、ほとんどが老人性色素斑です。

 

紫外線により過剰に生成されたメラニンが排出され切らず、表皮に留まってしまうことが原因です。

 

炎症性色素沈着は、炎症の刺激でメラニンが増殖されて、しみになってしまう色素沈着です。きっかけや原因には、ニキビ、傷痕、虫さされ、やけど、湿疹、あせも、アトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎などが挙げられます。

 

花弁状色素班は、強い紫外線から引き起こされます。背中から肩に出ることや花びらが散らばったように見えるのが特徴です。

 

<そばかすについて>

 

そばかすの正式名称は、雀卵斑(じゃくらんはん)です。その多くは遺伝性によるものです。

 

表面に出る特徴として、頬や鼻の周りに小さい点々が広がっているように見えます。アニメの登場キャラクターに、そのように描かれた少女がよく出てきますよね。

 

また、性質としては、顔以外のところにも見られたり、紫外線を浴びることで濃くなったり、加齢とともに薄くなったりすることもあります。

 

しみとそばかすの対策方法について

 

キミエホワイトプラス

 

しみとそばかすの対策方法は、ほとんど同じです。

 

クリニックで施術を受けたり、医薬品に頼ったり、スキンケア商品に力を借りる方法もありますが、日々のケアも大切です。

 

<心がけたい日々のケア>

 

心がけたい日々のケアは、「紫外線対策をすること」「ビタミンを積極的に摂ること」「肌に刺激を与えないこと」の3つです。

 

これらの3つの中の肌への刺激は、毎日のスキンケアにも気を配りたいところです。

 

特に、洗顔、クレンジング、マッサージで、肌の表面に強い刺激を与えないようにしましょう。

 

まとめ

 

以上、しみとそばかすの違いと対策方法についてお伝えしました。

 

大きな違いは、しみは後天性によるもので、そばかすは遺伝性によるものということになります。対策方法は、ほとんど同じです。

 

また、しみとそばかすを解消するものとして、紹介したい第3類医薬品があります。それは、キミエホワイトプラスです。

 

興味のある方は、キミエホワイトプラスの公式通販サイトをご覧ください。

 

>>シミ・そばかすに飲んで効く「キミエホワイトプラス」