そばかす リキッドファンデ

そばかすをうまくカバーできるのはリキッドファンデ!?

キミエホワイトプラス そばかす

そばかすが気になって仕方がない、毎日の化粧でうまくごまかすことはできないものか・・・

 

そう悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

 

そばかすで悩んでいる方は、パウダーファンデではなくリキッドファンデを使っていることと思います。

 

というのも、リキッドファンデに比べるとパウダーファンデはカバー力が低く、そばかすを隠すには不十分だからです。

 

すでにリキッドファンデを使っているけど上手にそばかすをごまかせない、もっときれいにそばかすを隠したい、という人は、ファンデーションを変える必要があるかもしれません。

 

きれいにそばかすを隠すためのファンデーションの選び方、そばかすの範囲や濃さにあわせてご紹介します。

 

 

【まずはファンデーションの種類から】

 

キミエホワイトプラス そばかす

 

ご存知のように、ファンデーションにはいくつか種類があります。

 

パウダーファンデーション、リキッドファンデーション、クリームファンデーション、ケーキファンデーションなどです。

 

そばかすをファンデーションで隠すなら、そのカバー力がポイントになってきます。

 

パウダーファンデはカバー力が低いので、そばかすをごまかすのには不向きです。

 

多くの方が使っているリキッドファンデ、こちらはカバー力が高めのファンデ。

 

液状でテクスチャーが軽いものから重いものまでさまざまで、保湿成分が配合されているものも多くあります。

 

リキッドファンデよりも重たい感じのクリームファンデも、カバー力は高いです。

 

ただし、厚塗りになりやすく、自然に仕上げるのはちょっと難しいかも。

 

カバー力が長く持続するのがケーキファンデ。化粧崩れしにくいという特徴があります。

 

 

キミエホワイトプラス そばかす

 

ファンデーションの種類はいろいろですが、そばかすを隠すにはどのファンデが向いているのでしょう。

 

ファンデでそばかすを隠すには、そばかすの範囲や濃さにより変わってきます。

 

広範囲で濃いそばかすをカバーしたい場合は、クリームファンデやケーキファンデといった、カバー力の高いものを使うといいでしょう。

 

そばかすが広範囲に広がってはいるけれど、色はそれほど濃くないならリキッドファンデかクリームファンデ。

 

範囲が狭かったり部分的に気になるそばかすの場合は、コンシーラーを使うことをおススメします。

 

コンシーラーでそばかすを隠してしまえば、パウダーファンデやリキッドファンデでも十分カバーできます。

 

気になるそばかすをファンデーションのみできれいに隠せればいいですが、どうしても厚塗りになってしまいがち。

 

やはりコンシーラーとファンデをうまく使って、自然に仕上げるのがベストでしょう。

 

 

【そばかすを化粧で隠すよりも】

 

キミエホワイトプラス そばかす

ファンデーションやコンシーラーで隠せるのはいいけれど、本当ならそばかす自体をなくしてしまいたいもの。

 

毎日のお化粧でそばかすをカバーしつつ、そばかすのないお肌を目指しましょう。

 

しみやそばかすに効果を認められているキミエホワイトプラスなら、体の内側からそばかすに働きかけてくれます。

 

そばかすを気にせずにナチュラルな化粧ができるようになれば、こんないいことはありませんよね。

 

>>シミ・そばかすに飲んで効く「キミエホワイトプラス」