そばかす 日本人

そばかすになりにくい日本人って??

そばかす 日本人

 

実は肌が綺麗に見える欧米人ですが、よく見るとそばかすがある人ってたくさんいるんです。

 

日本人の方が実は肌が綺麗な方って多いんですよ!

 

そばかすはシミの一種でサイズが「数ミリ」のシミのことを言います。

 

そばかす自体小さなシミなので、欧米人の方がシミにもなりやすいんです。

 

遺伝的なそばかすは日本人には少なく、紫外線に当たることでメラニンの生成が活発化し活性酸素ができることによって小さなシミが発生し「そばかす」となることが多いんです。

 

生まれつきのそばかすは日本人には珍しく、色素の薄い白人に多いようです。

 

<太陽に当たる量の違い>

 

欧米人の方が日本人に比べて太陽に当たる時間が長いので必然的に紫外線に当たる量も増えていきます。

 

太陽の出す紫外線量はどこも基本的に変わりませんので、最終的にはどれだけ紫外線を浴びたかでそばかすの量は変わっていきます。

 

<食生活の違い>

 

欧米人は昔から肉を好んで食べてきましたが、日本人はお米が主体となっています。

 

お米には栄養が豊富で特に雑穀はビタミンやミネラルが豊富なのでメラニンの生成を抑制する栄養になります。

 

今では日本でも欧米化が進み食生活が変わってきています。

 

美白のためには、バランスの良い食生活が欠かせませんので、日本人の昔ながらの食生活にも目を向けてみるといいですね。

 

実は日本人の肌は高評価

 

海外では、日差しを気にせずに過ごす方が多くいますが日本人は日焼けをとても気にしていますよね。

 

海外の男性からは「日本人は肌が綺麗」と評判なんです。

 

紫外線対策をしっかり行ったり、食生活からそばかすになりにくいためです。

 

<白人はそばかすになりやすい>

 

色が白い人は肌内部のメラニン色素が少ないので、紫外線のダメージを受けやすいと言われます。

 

そのため白人にはそばかすができやすいんです。

 

日本人は「白」というよりも「黄色」なので元々そばかすが出来にく体質ではあります。

 

しかし幼少期から肌が弱く「色白」と言われきた方は注意が必要です。

 

日本人の肌が綺麗だと褒められるのは、元々の肌質も大きいようですね。

 

縄文肌と弥生肌?

 

日本人の肌質は2種類に分けられるそうです。

 

その肌質によりそばかすのできやすさも変わってくるとのこと、、、。

 

<縄文肌>

 

鼻筋が通っていて鼻が高い方がいわゆる彫りが深い人が「縄文肌」のタイプです。

 

実は「そばかすができやすい」タイプとのこと。

 

<弥生肌>

 

顔全体の凹凸が少ないあっさりとした顔立ちの人が「弥生肌」に分類されます。

 

縄文肌とは逆に「シミになりにくい」タイプと言われています。

 

まだまだ研究段階なので、もっと進めばより対策も考えられますね。

 

これからも紫外線対策をしっかりと行い、綺麗な肌を維持していきましょう。

 

>>シミ・そばかすに飲んで効く「キミエホワイトプラス」