そばかす メイク

そばかすをメイクで上手に消す方法は?

キミエホワイトプラス

今回は、ファンデーションとコンシーラーを使って、そばかすをメイクで上手に消す方法について

 

ファンデーションとコンシーラーを使って

 

そばかすをメイクで消す方法は、ファンデーションとコンシーラーのどちらを先に使うのかがポイントになります。

 

それは、パウダー系ファンデーションを使うか、リキッド系ファンデーションを使うかで違ってきます。

 

パウダー系のファンデーションを使う場合は、コンシーラーが先です。それに対して、リキッド系ファンデーションを使う場合はコンシーラーが後になります。

 

それでは、「パウダー系ファンデーションとコンシーラーを使う場合」と「リキッド系ファンデーションとコンシーラーを使う場合」の手順を紹介しますので、どうぞご覧ください。

 

<パウダー系ファンデーションとコンシーラーを使う場合>

 

キミエホワイトプラス

 

STEP1

 

まず、 化粧下地を薄く伸ばします。

 

STEP2

 

コンシーラーをそばかすの上にのせます。そばかすよりも一回り大きめに塗るのがポイントです。

 

STEP3

 

そばかすの周りを境目が分からないように馴染ませていきます。

 

コンシーラーは一度に濃く塗り過ぎないようにしてください。少量ずつ塗って、自然な仕上がりをめざしましょう。

 

STEP4

 

コンシーラーを塗り終わったら、パウダーファンデーションを塗っていきます。

 

まず、そばかすをカバーしたコンシーラーのところにファンデーションを乗せます。その後に、ファンデーションを全体に塗ります。

 

大きめの筆、スポンジを使った方が自然な仕上がりになりますよ。

 

<リキッド系ファンデーションとコンシーラーを使う場合>

 

STEP1

 

まず、 化粧下地を薄く伸ばします。

 

STEP2

 

リキッドファンデーションを全体に塗ります。

 

STEP3

 

そばかすのところにコンシーラーを乗せます。

 

STEP4

 

そばかすの周りを境目が分からないように馴染ませていきます。

 

STEP5

 

リキッドファンデーションとコンシーラーを塗り終えたら、そばかすを消せてるかを確認しましょう。

 

STEP6

 

隠し切れていない部分は、リキッドファンデーションを足します。少量を乗せて、やわらかいタッチで周りをぼかします。

 

STEP7

 

最後は、フェイスパウダーで仕上げです。

 

コンシーラーを塗ったところに軽く押さえるようにフェイスパウダーを乗せます。その後、全体にフェイスパウダーを塗れば、ムラにない仕上がりになります。

 

まとめ

 

以上、ファンデーションとコンシーラーを使って、そばかすをメイクで上手に消す方法についてお伝えしました。

 

そばかすを隠すメイクのポイントのおさらいです。パウダー系のファンデーションの場合は、コンシーラーを先に使います。

 

それに対して、リキッド系ファンデーションを使う場合はコンシーラーが後になります。

 

コンシーラーは、少量ずつ塗っていきましょう。一度に塗ってしまわずに何度かに分けるように塗っていく方が自然な仕上がりになります。

 

手順に慣れるまでは仕上がりに不安もあるかと思いますが、回数を重ねていくうちにコツをつかめますよ。ぜひ、お試しください。

 

>>シミ・そばかすに飲んで効く「キミエホワイトプラス」