そばかす レーザー

レーザー治療で気になるそばかすは消せる?

キミエホワイトプラス そばかす

顔にあるそばかす。小さいのでも一度気になりだすと、もう気になって気になって仕方ありませんよね。

 

小さいものだとしても、このそばかすさえなければ・・・なんて思ってしまうこともあるのでは。

 

実際、少しでもそばかすがなくなると、顔の印象も変わったりします。

 

そんな憂鬱なそばかす、レーザー治療で手っ取り早く消してしまうことはできるのでしょうか?

 

そばかすのレーザー治療、その効果とメリットデメリットを見てみましょう。

 

 

【そばかすってどんなもの?】

 

キミエホワイトプラス そばかす

 

そばかすとは、鼻や頬にある直径3〜5ミリの小さなシミのことをいいます。

 

しみとは違い、生まれつきや小さい頃にできることがほとんどだそうです。

 

子供の頃からそばかすを気にしている方も多いのではないでしょうか。

 

 

【そばかすのレーザー治療とは?】

 

キミエホワイトプラス そばかす

 

そばかすの治療を考えるとき、そのひとつにレーザー治療があります。

 

レーザーを射的することで、そばかすの細胞を破壊する治療方法です。

 

まず、気になる部分にレーザーを照射していきます。

 

レーザーが当てられた部分は赤くなり、そばかすはやけどをしたような状態に。

 

赤くなった部分は1〜2週間でかさぶたとなり、自然にはがれ落ちてきます。

 

傷を負った時もそうですが、そばかすのかさぶたもはがれた後は少し赤くなるようです。

 

赤みは1〜2ヶ月で引いてきて、だいたい半年ほどで周りの肌と同じようにきれいになるんだそう。

 

個人差はあるのでしょうが、レーザー治療でそばかすをきれいにするには約半年ということですね。

 

 

【レーザー治療のデメリット】

 

キミエホワイトプラス そばかす

 

そばかすに有効とされるレーザー治療ですが、デメリットもあるようです。

 

まず、施術中に痛みを感じる人もいるということ。

 

ものすごく痛いわけではありませんが、ゴムでピシピシ弾かれてるような痛みがあるようです。

 

麻酔クリームを塗ってくれるところもあるので、気になる方は施術を考えているクリニックに問い合わせてみるといいでしょう。

 

その次に、肌への刺激が強いこと。

 

施術後の赤みや痛みが、色素沈着や水ぶくれを起こしてしまう場合も。

 

レーザー治療の後に色素沈着を起こす人は、48%ほどだという報告も。約半分ですね、意外と多いのではないでしょうか。

 

さらに、費用がかかることもネックですね。

 

費用はクリニックによりますが、平均相場は直径2mmのそばかす1つあたり約5000円だそうです。

 

そばかすって、顔全体に広がっている場合が多いですよね。

 

少なくても10個治療するとしたら5万円。お財布にはやさしくない気がします。

 

また、肝斑がある方は逆に濃くしてしまう可能性もあるので、治療を受けられないこともあるようです。

 

 

【レーザー治療を受けた人の意見】

キミエホワイトプラス そばかす

 

実際にレーザーをしてみて失敗したなと思う方の意見としては、水ぶくれになってしまった、逆にそばかすが濃くなってしまったなどがあります。

 

治療してよかったという人の意見は、そばかすが薄くなった、肌がトーンアップした、など。

 

人により合う合わないがあるのかもしれません。

 

レーザー治療を考えている方は、一度相談やカウンセリングを受けてみるといいですね。

 

 

【身体の内側からもそばかすにアタック】

キミエホワイトプラス そばかす

 

そばかすを外側から治すなら、レーザー治療も一つの手ですね。

 

身体の中からそばかすに働きかけるなら、L−システインが有効なのはご存知の方も多いのでは。

 

ドラッグストアではいろいろなサプリメントが売られていますが、おススメしたいのはキミエホワイトプラス。

 

キミエホワイトプラスはサプリメントではなく、第三類医薬品に分類されています。

 

しみやそばかすの治療を目的としたキミエホワイトプラスで、そばかすに身体の内側からアタックしてみませんか。

 

>>シミ・そばかすに飲んで効く「キミエホワイトプラス」