そばかす 消す

そばかすを消すには、どうしたらいいの?

キミエホワイトプラス

今回は、そばかす (雀卵斑)を消す方法やケアの方法についてお伝えします。

 

そばかす (雀卵斑)を消す方法やケアの方法について

 

そばかす (雀卵斑)を消す方法やケアの方法についてということで、「そばかすを消すためのデイリーケア」「そばかすのクリニックの治療」「化粧品によるケア」「サプリメントや医薬品の摂取 」を紹介します。

 

<そばかすを消すためのデイリーケア>

 

まずは、紫外線対策です。そばかすは、紫外線の影響で増えたり、濃くなってしまうからです。

 

日焼け止めやUV効果のある化粧品で紫外線対策を徹底しましょう。

 

肌に刺激を与えないスキンケアも心がけてください。肌を刺激すると、メラニン生成が促されるからです。毎日の洗顔やスキンケアでは、強くこすらないことが大事です。

 

そして、栄養素の摂取。

 

ビタミンA、ビタミンE、ビタミンC、たんぱく質を積極的に摂取しましょう。ビタミンAは、活性酸素を除去するβカロチンになります。

 

ビタミンEは肌の新陳代謝を促してくれます。ビタミンCはメラニンの定着を防止してくれます。

 

デイリーケアは、そばかすを消すための最低条件です。

 

地道ですが、そばかすを薄くしたり、数を増やさないようにするためには必要な努力です。

 

<そばかすのクリニックの治療>

 

そばかすのクリニックの治療には、レーザー治療、 フォトフェイシャル、 イオン(超音波)導入、 薬の服用、 ケミカルピーリングなどがあります。

 

レーザー治療は、レーザーを照射したところは、そばかすが完全に消える場合もあるくらい、治療効果が大きいです。

 

フォトフェイシャルは、フラッシュ光線を皮膚に照射して、そばかすを薄くする治療法です。

 

イオン(超音波)導入は、ビタミンCやビタミンAを肌に浸透させるために、イオンや超音波で肌に導入する方法です。

 

薬の服用は、一つの例としてトラネキサム酸という内服薬が処方されます。

 

ケミカルピーリングは、表皮の生まれ変わりを促進する方法です。表皮内に貯まっていたメラニン色素が上がってきて、角質とともに脱落していくというしくみです。

 

<化粧品によるケア>

 

そばかすが、すでにできてしまっている場合は、紫外線や肌への刺激などで濃くしないことが重要です。

 

日焼けして炎症を起こしてしまったら、まずは、ほてりを冷まします。

 

そのあと、ワセリンなどで保湿しましょう。ビタミンCが配合された化粧品も有効です。

 

洗顔時は、肌への刺激対策として、きめ細かい泡での洗顔ができる石鹸を選びましょう。

 

化粧品は、美白成分配合のもの、保湿力の高いものがおすすめです。ポイントは、メラニンをできるだけ作らない、できたメラニンを還元するというケアです。

 

<サプリメントや医薬品の摂取>

 

サプリメントや第2類あるいは第3類医薬品からビタミンC、L-システインを摂取する方法もおすすめです。

 

L-システイン配合の第3類医薬品のキミエホワイトプラスなどはいかがでしょう。

 

まとめ

 

キミエホワイトプラス

 

以上、そばかす (雀卵斑)を消す方法やケアの方法についてお伝えしました。日々のケアや化粧品選びなどにも気を配ってくださいね。

 

また、そばかす対策ができるキミエホワイトプラスという第3類医薬品もあります。

 

興味のある方は、公式通販サイトを覗いてみてください。

 

>>シミ・そばかすに飲んで効く「キミエホワイトプラス」