そばかす ごまかす

そばかすを上手にごまかす方法とは・・・?【少しの技であら不思議!】

キミエホワイトプラス そばかす

紫外線予防をしっかりして、肌のターンオーバーも整えて、そばかす対策はしっかりやっている。

 

そんな人でも、今あるそばかすを今すぐ消したいと思っているのではないでしょうか。

 

だけど実際、今あるそばかすをきれいにするのには、予防や対策をするにしてもレーザー治療をするにしても時間がかかりますよね。

 

今あるそばかすを化粧などでごまかすことはできるのでしょうか。どうせなら、きれいにごまかしたいところ。

 

そんな方のために、そばかすのきれいなごまかし方を紹介します。

 

 

【そばかすを上手くごまかすなら、コンシーラー】

 

キミエホワイトプラス そばかす

 

そばかすがなくなるだけで、顔の印象はガラッと変わるもの。

 

そばかすがきれいになくなるのが一番ですが、今日はきれいにしたい!という日には化粧できれいにごまかしたいですよね。

 

薄いそばかすであればファンデーションでも、ある程度きれいにごまかすことはできると思います。

 

そばかすの気になる範囲や濃さによってファンデーションの選び方も変わってきますが、ファンデーションについてはまた別に紹介をしましょう。

 

でも、ファンデーションだけでは濃いそばかすをうまくごまかすことはできない場合も。

 

そんな濃いそばかすをどうにかうまくごまかしたい!という時は、コンシーラーを使うのがおススメです。

 

ひと手間かかってしまうのでめんどくさいという方もいると思いますが、ここぞという時にはきれいにごまかすことができます。

 

 

【コンシーラーの使い方】

 

キミエホワイトプラス そばかす

 

コンシーラーも、正しい使い方をしないとそばかすをうまくごまかすことはできません。

 

厚くなりすぎないよう、そっとつけていくのがコツです。

 

コンシーラーを指で軽くとんとんとしながらそばかすの上に塗ると、とても自然にごまかすことができます。

 

このコンシーラーを塗る順序としては、パウダーファンデーションを使っている人はファンデーションの前に、リキッドタイプのファンデーションを使っているならばファンデーションの後に使います。

 

コンシーラーを上手く使えば、そばかすをきれいにごまかすことができそうです。

 

 

【体の内側からもそばかすに働きかけよう】

 

キミエホワイトプラス そばかす

 

そばかすやしみをうまくごまかすのにお役立ちのコンシーラー、なかには美白成分が含まれているものもあるようです。

 

コンシーラーでそばかすを上手くごまかしながら美白成分が働くなんて、一石二鳥の優れものですね。

 

外側からは隠すことができるそばかす、やはり内側からも働きかけたいと思いませんか?

 

そばかすに効率よく働きかけるなら、L−システインが豊富に配合されているキミエホワイトプラスがおススメです。

 

キミエホワイトプラスは、そばかすやしみの治療を目的とした第三類医薬品。

 

サプリメントよりも有効成分の配合量が多いので、よりしみやそばかすの改善に期待ができます。

 

コンシーラーで外側をごまかしている間、キミエホワイトプラスで体の内側からそばかすに働きかけてみませんか。

 

>>シミ・そばかすに飲んで効く「キミエホワイトプラス」