そばかす 治療

そばかすは、皮膚科で治療できるの?

キミエホワイトプラス

今回は、そばかす(雀卵斑)の皮膚科、クリニックでの治療方法についてお伝えします。

 

そばかす(雀卵斑)の皮膚科、クリニックでの治療方法について

 

そばかす(雀卵斑)の皮膚科、クリニックでの治療方法には、レーザー治療、フォトフェイシャル、イオン(超音波)導入、ケミカルピーリング、薬の服用という方法があります。

 

<そばかすのレーザー治療>

 

レーザー治療のメリットは、レザーを照射したところは、そばかすを完全に消してしまうほどの効果があることです。

 

デメリットは、ダウンタイムがあることですね。ダウンタイクというのは、施術を受けてから、いつもの生活状態に戻れるまでの期間のことを言います。

 

レーザーを照射した後は、皮膚に赤みが出て、一定期間テープを貼ったりする処置(ケア)が必要となるからです。その期間は、メイクができなかったりという不自由さがあります。

 

繰り返して、全部のそばかすの治療が完了するまでに、2〜6ヶ月ほどの期間がかかるようです。

 

皮膚科やクリニックのサイトには、写真や動画で様子を見ることができますので、レーザー治療をお考えの方はご覧になってください。クリニックによっては、最新技術、機器を導入しているところもありますよ。

 

<フォトフェイシャル>

 

フォトフェイシャルは、フラッシュ光線を皮膚に照射して、そばかすを薄くする方法です。

 

17000以上の症例数があるクリニックもあるほどの治療方法です。

 

フォトフェイシャルの光線は、治療したいところだけに吸収されるので、肌を傷つけることがないので、肌に赤みが出るというようなことでのダウンタイムがないというのがメリットの一つです。

 

その分、1回の照射で治療が完了しないので、3〜5回は通うことになるようです。

 

<イオン(超音波)導入>

 

イオン(超音波)導入は、美白効果がある成分、ビタミンCやビタミンAを肌に浸透させるために、イオンや超音波で肌に導入する方法です。最近は、家庭用の美顔器でもイオン(超音波)導入タイプがありますよね。
ビタミンCやビタミンAなどの成分を直接作用させて、そばかすを薄くするという治療方法です。

 

また、イオン(超音波)導入にはダウンタイムはありません。

 

治療のために通うペースは、2週間に1回〜10回と様々です。

 

<ケミカルピーリング>

 

ケミカルピーリングは、化学物質を皮膚に塗って、皮膚を剥がして除去する治療法です。

 

表皮に付いていた角質も剥がれ落ちることで、そばかすも改善されます。

 

そのしくみは、表皮の生まれ変わりが促進させて、表皮内に貯まっていたメラニン色素を浮き上がらせて、角質といっしょに脱落させるというものです。

 

3週間〜1ヶ月に1回のペースで治療を受けるという人もいらっしゃいます。

 

<薬の服用>

 

トラネキサム酸という内服薬で、そばかすを防止する治療法もあります。

 

まとめ

 

キミエホワイトプラス

 

以上、そばかす(雀卵斑)の皮膚科、クリニックでの治療方法についてお伝えしました。

 

皮膚科やクリニックではなく、そばかすをサプリや医薬品で解消したいという方は、一度、キミエホワイトプラスの公式通販サイトをご覧ください。

 

キミエホワイトプラスは、しみ、そばかすの解消に期待される第3類医薬品です。

 

>>シミ・そばかすに飲んで効く「キミエホワイトプラス」