シミ取り

本当に有効なシミ取り方法とは?お薬?それともレーザー?

シミ 取り

30を過ぎた頃から、急に増えだすいや〜なシミ。

 

日中はお化粧で隠せても、スッピンになった自分の顔を見ては、シミが目について落ち込んでしまう事もありますよね。

 

そんなシミ、全部同じ種類のものではないって知っていますか?

 

実はシミには複数の種類があり、種類によって有効な治療法も違うんです。

 

自分のシミに有効なシミ取り治療を行う為にも、まずはシミの種類について知る事から始めましょう。

 

【シミの種類】

 

・老人性色素斑・・・シミの中で最も多い、紫外線が原因で出来る比較的治りやすいシミ。

 

頬骨の高くなっている所やこめかみあたりに出来やすく、大きさは数mm〜数十mmほどで丸い形をしている事が多い。

 

・肝斑・・・頬骨や鼻の下、額などに左右対称に出る濃淡が均一なシミ。

 

女性ホルモンが大きく関係しているといわれており、妊娠中・出産後などホルモンバランスが大きく変化した時に出来やすくなる。

 

・雀卵斑(そばかす)・・・淡褐色をした不規則な形の小さな斑点が、顔全体に散らばったように出るシミ。

 

遺伝的なものが多く幼少期から現れるのが特徴で、紫外線により濃くなる事もある。

 

・炎症性色素沈着・・・ニキビや肌荒れで肌が炎症を起こし、その跡がシミへと変化したもの。

 

・脂漏性角化症・・・老人性イボともいわれる、皮膚の老化現象のひとつ。

 

80歳以上の高齢者のほとんどの方に見られると言われている。

 

・花弁状色素斑・・・紫外線が原因となり、花びらが散らばったような形で発症するシミ。
肩や背中などに現れる事が多い。

 

このいった複数のシミが1人の人に対して混在している場合もあり、自分で正確に見極めるのは難しいかもしれません。

 

シミに悩んだら、まずは一度信頼出来る専門医に診てもらうのが間違いないでしょう。

 

【シミ取り治療について】

 

シミ取りの治療には、病院で処方される内用薬や外用薬、その他レーザー治療などがあります。

 

次に、それぞれのシミには一般的にどういうシミ取り治療が行われるのか解説していきます。

 

・老人性色素斑→おもにレーザー治療やピーリング、外用薬など。

 

・肝斑→トラネキサム酸を配合した内服薬や、最近ではレーザートーニングという新しい治療法も増えつつある。

 

・雀卵斑→おもに内服薬やレーザー治療。

 

・炎症性色素沈着→おもにピーリング治療。

 

・脂漏性角化症→一般的に炭酸ガスレーザーや電気メスでの切除となる。

 

サイズが大きい場合は外科的手術が行われる事も。

 

・花弁状色素斑→おもにレーザー治療。

 

このようにシミの種類によって有効な治療法も異なり、間違った処置によりかえって状態を悪化させてしまう事も。

 

そうならない為にも、自分のシミの種類を知って、正しい方法でシミ取りの治療をする事が何よりも大切です★

 

「だけど、シミくらいで病院に行くのは少し気が引ける・・・」という方は、まずは手軽に飲めるお薬で様子を見てみるのも1つの手。

 

リニューアルしたキミエホワイトプラスは、第3類医薬品としてシミ・そばかすへの効果が認められている、飲んで効くお薬です。

 

医師の処方がなくても購入出来る一般医薬品の中で、副作用のリスクが比較的低いものに分類されます。

 

医薬品としてシミ取り効果が認められているお薬なので、効果も期待出来そう。気になる方は一度チェックしてみてくださいね^^

 

>>キミエホワイトプラスの詳細はこちら