シミ 食べ物

シミをケアできる食べ物とは?内側からケアする方法!

シミ 食べ物

 

一度出来るとなかなか消えないシミ。

 

シミがあると自分の肌に自信が持てなくなり、気分も下がりがちになります。そんな憎いシミ、消せるものなら1分1秒でも早く消したい!

 

その為には外側からのケアだけでなく、内側からのケアもWで取り入れてみましょう!

 

ここではシミに効くとされている栄養素と、その栄養素を含む代表的な食べ物をご紹介します。

 

【シミに効く!栄養素一覧】

 

@ビタミンC

 

美白栄養素の代表的存在。

 

シミの原因となる活性酸素を除去し、メラニンの生成を抑制します。

 

→(ビタミンCを多く含む食べ物:パプリカ、ゆず、アセロラなど)

 

AビタミンB2

 

肌の代謝を高め、新陳代謝を正常にする働きがあります。

 

代謝を活発にする事でメラニンの排出もサポートし、シミを薄くする効果が期待出来ます。

 

→(ビタミンB2を多く含む食べ物:レバー、うなぎ、納豆、卵など)

 

BL−システイン

 

肌の新陳代謝を正常にする作用があります。

 

新陳代謝を活発にし、メラニンの排出を促します。

 

L−システインはメチオニンという栄養素を食品から摂る事で、体内で合成されて出来るアミノ酸の一種です。

 

メチオニンを多く含む食べ物を食べる事で、体内でL−システインに変化して美肌に作用します。

 

→(メチオニンを多く含む食べ物:シラス、カツオ、サバ、豚肉、大豆、チーズなど)

 

Cリコピン

 

ビタミンEの100倍の抗酸化作用を持つと言われているリコピン。

 

メラニンの生成を抑制し、既に受けてしまった肌ダメージも修復してくれます。

 

体内で作る事が出来ない成分で、人それぞれで蓄積出来る最大量も決まっている為、毎日継続して取り続ける必要があります。

 

→(リコピンを多く含む食べ物:トマト、スイカ、ピンクグレープフルーツ、柿など)

 

Dアスタキサンチン

 

抗酸化作用の高い栄養素。

 

活性酸素を除去し、肌の老化を防ぎます。

 

メラニン生成を抑え、肌ダメージを修復します。

 

→(アスタキサンチンを多く含む食べ物:桜エビ、紅鮭、いくら、甘エビなど)

 

Eエラグ酸

 

ポリフェノールの一種で、高い抗酸化作用により肌細胞の老化を妨げます。

 

メラニンの生成を抑える作用で、シミやたるみを防ぎます。

 

→(エラグ酸を多く含む食べ物:イチゴ、ブルーベリー、クランベリー、ザクロ、アサイーなど)

 

【シミに悪影響な成分・食べ物】

 

続いては、逆にシミの為には控えた方がいい成分(食べ物)をご紹介します。

 

・カフェイン

 

血管収縮作用があり、血行を悪くします。

 

その結果肌の新陳代謝が落ち、正常にターンオーバーが行われなくなります。

 

・冷たいもの

 

体を冷やす事で血行が悪くなり、代謝力を低下させます。

 

・脂質

 

脂分の多いものは肌を酸化させ、血行を悪くして肌の老化を招きます。

 

・白砂糖

 

精製された白砂糖は胃や腸にいる悪玉菌のエサとなり、悪玉菌を増加させます。

 

最終的には白血球によって退治されるのですが、その過程で発生するリポフスチンという物質が老化色素になり、シミへとつながります。

 

【まとめ】

 

上記のようなシミに効く食品を積極的に摂取し、逆にシミにあまり良くない成分はストレスにならない範囲で控えるように心がけてください。

 

内側と外側からのケアの相乗効果によって、よりシミのない美しい肌に近づいていけるはずです★

 

>>シミ・そばかすに飲んで効く「キミエホワイトプラス」