シミ メイク

美肌になれるメイク術でシミをきっちり隠せる裏技大公開!

シミ メイク

 

シミを消す為には、シミ用の化粧品で日々コツコツとケアしたり、病院での治療など、時間をかけてじっくりケアする必要があります。

 

だけど、時には「明日は大事な予定!悠長に待ってなんかいられない!」という時だってあります。

 

そんな時にはメイクで徹底的に隠しちゃいましょう★

 

シミを隠して美肌に見せる為のメイク術をこっそり教えちゃいます!

 

【シミを隠すメイク術】

 

<用意するもの>

 

*化粧下地・・・いくらしっかりシミをカバーしても、時間が経って汚く崩れてしまっては朝の苦労も水の泡。

 

紫外線から肌を守りつつ、メイクしたてのきれいな状態をずっとキープする為にも、化粧下地は必須!

 

また気になるシミをカバーし、さらに顔全体の色むらを均等に整える色補正機能がある下地もあるので、自分の肌悩みに合うものを使いましょう。

 

*ファンデーション・・・シミなどの隠したい悩みがある場合、パウダータイプよりもリキッドタイプの方がカバー力が高いのでおすすめ。

 

ですが肌タイプや季節によって使い分ける方もいらっしゃるようなので、自分の好みのものを使いましょう。

 

*コンシーラー・・・コンシーラーにはいくつかの種類があり、カバー力が高いのは

 

1.ペンシルタイプ 2.スティックタイプ 3.クリームタイプ 4.リキッドタイプ の順です。

 

ペンシルタイプとスティックタイプは油分が少なく、肌への密着力が高いです。

 

ですが伸びにくい為、小範囲のシミをピンポイントで隠すのに向いています。

 

一方クリームタイプとリキッドタイプは伸びが良くてつけやすいので、広範囲のシミを隠すのにおすすめです。

 

ですがカバー力が低めの為、重ね付けするなどの工夫が必要です。

 

それぞれのシミに合わせて、コンシーラーを組み合わせて使うのもいいでしょう。

 

*フェイスパウダー・・・メイク崩れをおさえ、仕上げに重ねる事できめ細かな美しい肌に整えてくれます。

 

<それでは早速メイクの手順をご紹介します!>

 

@まずは基礎化粧品で肌をしっかりと保湿します。

 

(この時、リンパの流れを良くするように優しくマッサージしてあげると、むくみが取れて顔がすっきりします★)

 

A自分の肌に合わせた化粧下地を伸ばします。

 

Bファンデーションを顔の中心から側面に向かって、全体に広げて塗ります。

 

(気になる部分には薄く重ね塗り。厚塗りにならないように注意!)

 

Cシミの大きさ・濃さに合わせたコンシーラーを塗り、境界線が分からなくなるように周りを指などでぼかします。

 

一度塗りで隠しきれない場合は、シミが見えなくなるまで少しずつ重ねていきます。

 

D一度半分に折ったティッシュで顔を優しく押さえ、余分な油分を取ります。

 

E最後にフェイスパウダーをパフに取り、余分な粉を手の甲などに落としてから肌にふわっとのせて完成です。

 

【まとめ】

 

いかがでしょうか?

 

シミの一切見えない美しい肌に仕上がりましたでしょうか(*^^*)

 

せっかくの楽しい予定、シミがある事でテンションが上がらず、満喫出来ないのはもったいない!

 

シミなど気にしていられない大事な予定がある時には、ぜひ一度こちらのメイク法を試してみてくださいね♪