顔のシミ

顔のシミができるのは、どうして?どんな原因があるの?

キミエホワイトプラス

今回は、顔のシミができる原因とその対策方法についてお伝えします。

 

顔のシミができる原因とその対策方法について

 

顔のシミができるのは、どうして?とその答えを知ろうとする時は、メラニンについてのお話しになることが多いです。

 

ですから、メラニンのお話しをお伝えしながら、原因と対策を紹介していきます。

 

<メラニンの本来の役割>

 

メラニンが過剰に作り出されると、顔のシミができるということなんですが、メラニンのそもそもの役割を知っておいた方が良さそうです。

 

本来、メラニンは肌を守ろうとして生成されます。紫外線から守ったり、傷から守ったりしてくれるんです。

 

専門家や先生のお話しを参考にすると、細胞の奥の核の部分が紫外線を受けてしまうと、DNAがやられたり、変異を起こしたりして、細胞が死んだりすることもあって、皮膚癌になることもあるんだそうです。

 

そのようなことから、守ってくれるのがメラニンなんです。

 

皮膚の内側にあたる真皮に紫外線が届かないようにブロックしようするのがメラニンの役割なんです。本来は悪者ではないということですね。

 

<メラニンが顔のシミになってしまう時>

 

それでは、なぜ、メラニンが顔のシミになってしまうのでしょうか?

 

先ほども少し触れましたが、メラニンが過剰に作り出されると顔のシミができてしまいます。

 

それは、お肌のターンオーバーが追いつかないようになった時に起こります。

 

肌のターンオーバーが正常の場合、肌が生まれ変わることによって、 生成されたメラニンは、角質といっしょに“垢”として排出されます。

 

言い換えると、肌のターンオーバーが異常だと、過剰なメラニンが残って、顔のシミとなるわけです。

 

それで、紫外線対策だけではなくて、肌のお手入れや健康な日常生活が必要となるんです。

 

<洗顔で、メラニンを含む古い角質を落とす>

 

ゴシゴシは禁物です!

 

細かいフワフワの泡で肌を包み込むのがポイントです。手が顔に触れるないように、キメ細かい泡で洗顔するんです。

 

顔のシミには、強い刺激や摩擦による負担は大敵だからです。

 

ですから、泡立ちの良い石鹸や洗顔料を選ぶと良いでしょう。

 

なかなか、泡立ってくれない石鹸の場合は、 泡立てネットを使ってみてください。

 

すすぐときのお湯は、人肌くらいのぬるま湯(刺激の少ない)がおすすめです。顔を拭く時も、ゴシゴシはダメです。タオルで柔らかく押さえるように水分を吸収させてください。

 

あとは、肌が健康になって、ターンオーバーが正常になるように化粧水や美容液を使ってくださいね。

 

まとめ

 

キミエホワイトプラス

 

以上、顔のシミができる原因とその対策方法についてお伝えしました。

 

顔のシミができる原因は、一つは刺激から肌を守るためにメラニンが過剰に生成されてしまうことです。

 

もう一つは、肌のターンオーバーが間に合わなくて、メラニンを排出できないことです。

 

顔のシミ対策には、日々の紫外線対策と肌のお手入れ、健康な日常生活が必要です。すぐに解決したいなら、クリニックで治療してもらうという方法もありますよ。

 

>>シミ・そばかすに飲んで効く「キミエホワイトプラス」