シミ・そばかすについてのコラム

しみとそばかすって、見た目の違いは何となくわかるけど、その原因や対策方法の違いは、ちょっとわかりませんよね。今回は、しみとそばかすの違いと対策方法についてお伝えしますので、ご自分の肌の悩みの特徴や原因を知って、対策方法の参考にしてくださいね。しみとそばかすの違いについて <しみについて>しみは、黒色メラニンが肌の表面に蓄積して、通常の肌よりも色が濃く見える部分のことを言います。しみには、肝斑(かん...

今回は、そばかす (雀卵斑)を消す方法やケアの方法についてお伝えします。そばかす (雀卵斑)を消す方法やケアの方法についてそばかす (雀卵斑)を消す方法やケアの方法についてということで、「そばかすを消すためのデイリーケア」「そばかすのクリニックの治療」「化粧品によるケア」「サプリメントや医薬品の摂取 」を紹介します。<そばかすを消すためのデイリーケア>まずは、紫外線対策です。そばかすは、紫外線の影...

今回は、そばかす(雀卵斑)の皮膚科、クリニックでの治療方法についてお伝えします。そばかす(雀卵斑)の皮膚科、クリニックでの治療方法についてそばかす(雀卵斑)の皮膚科、クリニックでの治療方法には、レーザー治療、フォトフェイシャル、イオン(超音波)導入、ケミカルピーリング、薬の服用という方法があります。<そばかすのレーザー治療>レーザー治療のメリットは、レザーを照射したところは、そばかすを完全に消して...

今回は、ファンデーションとコンシーラーを使って、そばかすをメイクで上手に消す方法についてファンデーションとコンシーラーを使ってそばかすをメイクで消す方法は、ファンデーションとコンシーラーのどちらを先に使うのかがポイントになります。それは、パウダー系ファンデーションを使うか、リキッド系ファンデーションを使うかで違ってきます。パウダー系のファンデーションを使う場合は、コンシーラーが先です。それに対して...

今回は、そばかすを消すことができる、ファンデーションランキングをお届けします。そばかすを消すことができる、ファンデーションランキング!<1位マキアレイベルの薬用クリアエステヴェール>マキアレイベルの薬用クリアエステヴェールは、毛穴・シミ・しわをカバーすることを目的に作られたファンデーションです。そばかすを消したい方にもおすすめです。美白有効成分のプラセンタエキスを含めて、68種類の美容成分が配合さ...

今回は、シミを消したい時の紫外線対策、食生活、スキンケアについてお伝えします。シミを消したい時の紫外線対策についてシミを消したい時の紫外線対策は、一年中意識する必要があります。紫外線が一番強くなるのは夏ですが、昼間であれば冬でも紫外線が降り注いでいます。また、環境においても注意しなければなりません。部屋の中にいても窓越しに紫外線を浴びてしまうことがあります。さらには、雪やアスファルト、水辺の照り返...

今回は、ニキビ跡による色素沈着、シミを消す方法についてお伝えします。ニキビ跡による色素沈着、シミを消す方法についてニキビを放置したり、ケアに失敗したりすると、ニキビ跡が残って、シミのように赤黒くなったり、茶色になったりします。色素沈着が生じた状態ですね。ニキビ跡による色素沈着、シミを消すには、そのしくみや原因を知るところから始めましょう。<ニキビの出血による赤黒い色素沈着>ニキビの出血による赤黒い...

今回は、顔のシミができる原因とその対策方法についてお伝えします。顔のシミができる原因とその対策方法について顔のシミができるのは、どうして?とその答えを知ろうとする時は、メラニンについてのお話しになることが多いです。ですから、メラニンのお話しをお伝えしながら、原因と対策を紹介していきます。<メラニンの本来の役割>メラニンが過剰に作り出されると、顔のシミができるということなんですが、メラニンのそもそも...

顔にあるそばかす。小さいのでも一度気になりだすと、もう気になって気になって仕方ありませんよね。小さいものだとしても、このそばかすさえなければ・・・なんて思ってしまうこともあるのでは。実際、少しでもそばかすがなくなると、顔の印象も変わったりします。そんな憂鬱なそばかす、レーザー治療で手っ取り早く消してしまうことはできるのでしょうか?そばかすのレーザー治療、その効果とメリットデメリットを見てみましょう...

アンチエイジングの成分といえば、コラーゲンやプラセンタ。しみやそばかすに効果がある成分といえば、ビタミンCやL−システインが頭に思い浮かびますよね。このプラセンタが、そばかすに効くという話を聞いたことがある人もいるかもしれません。。そばかすに効果がある成分としてはあまり頭に浮かばないプラセンタ、そばかすにいいという噂は本当なのでしょうか。プラセンタがどのようにそばかすに働きかけるのか、その効能を調...

しみやそばかすを改善したいなら、ビタミンCがいいというのはよく聞きますよね。化粧品やサプリメントでも、ビタミンCという文字はしみやそばかす、美白という言葉と一緒によく見かけます。でも実際、ビタミンCがしみやそばかすにどんな効果があるのか、どういう風に働きかけるのかというのは知らない人も多いのでは。ビタミンCがそばかすにいいからと化粧品やサプリメントを試す前に、まずはビタミンCの効能を知っておきまし...

そばかすのほとんどは生まれつきだったり、子供の頃にできると言われています。しみとは違い、先天的要因が多いそばかすですが、大人になってからそばかすができてしまう人はいるのでしょうか?大人になってからもそばかすができる可能性があるのなら、なんとしても予防したいところですよね。大人になってから出てくるそばかす、できない人とできやすい人の差はなんなのか?できないように予防することはできるのか?。そばかすが...

紫外線予防をしっかりして、肌のターンオーバーも整えて、そばかす対策はしっかりやっている。そんな人でも、今あるそばかすを今すぐ消したいと思っているのではないでしょうか。だけど実際、今あるそばかすをきれいにするのには、予防や対策をするにしてもレーザー治療をするにしても時間がかかりますよね。今あるそばかすを化粧などでごまかすことはできるのでしょうか。どうせなら、きれいにごまかしたいところ。そんな方のため...

そばかすが気になって仕方がない、毎日の化粧でうまくごまかすことはできないものか・・・そう悩んでいる方もいるのではないでしょうか。そばかすで悩んでいる方は、パウダーファンデではなくリキッドファンデを使っていることと思います。というのも、リキッドファンデに比べるとパウダーファンデはカバー力が低く、そばかすを隠すには不十分だからです。すでにリキッドファンデを使っているけど上手にそばかすをごまかせない、も...

冷蔵庫に入れておいたヨーグルト、取り出してみたら上に水分が浮いていることありませんか?水切りヨーグルトを作ったことがある人ならピンとくるのではないでしょうか。ヨーグルトの上澄み液のことです。そばかすに何の関係があるの?と思うかもしれませんが、このヨーグルトの水分、実はとっても肌にいいって知っていますか?乳清、またはホエーと呼ばれるこのヨーグルトの上澄み液、成分が皮膚の細胞の成分とよく似ているんだそ...

にきびの予防薬は薬局で買えたりするけど、そばかすに利くアイテムって薬局やドラッグストアでも売っているのでしょうか?最近の薬局やドラッグストアは、美容関係のアイテムも豊富。特に化粧品コーナーは見ているだけでもも楽しいですよね。そんな薬局やドラッグストアの化粧品コーナーでも買える、そばかすに効く化粧品を探してみました。【そばかすにおススメの化粧水】そばかすに効果のありそうな化粧品といえば、やっぱり美白...

30を過ぎた頃から、急に増えだすいや〜なシミ。日中はお化粧で隠せても、スッピンになった自分の顔を見ては、シミが目について落ち込んでしまう事もありますよね。そんなシミ、全部同じ種類のものではないって知っていますか?実はシミには複数の種類があり、種類によって有効な治療法も違うんです。自分のシミに有効なシミ取り治療を行う為にも、まずはシミの種類について知る事から始めましょう。【シミの種類】・老人性色素斑...

シミには複数の種類があり、その中でもセルフケアでの改善が可能なものと、改善が期待出来ないものに分かれます。・老人性色素斑・炎症性色素沈着・肝斑・雀卵斑(そばかす)・脂漏性角化症・花弁状色素斑セルフケアでの効果が難しいシミを改善する為には、病院や美容クリニックで医師による専門的な治療を受ける必要があります。一方セルフケアが可能なシミに対して効く化粧品にはどのようなものがあるのか、おすすめの化粧品をピ...

シミやくすみは、起きる原因によって種類が異なります。おもに4つの原因によって起きると考えられています。・メラニンによるシミ・くすみ強い紫外線を浴びる事によって生成されたメラニン色素が、褐色のシミやくすみとなって肌に現れるもの。通常メラニン色素は肌のターンオーバーによって蓄積されずに排出されますが、何らかの原因でそのターンオーバー機能が正常に働かなくなると、色素沈着してシミやくすみになってしまうと考...

シミを消す為には、シミ用の化粧品で日々コツコツとケアしたり、病院での治療など、時間をかけてじっくりケアする必要があります。だけど、時には「明日は大事な予定!悠長に待ってなんかいられない!」という時だってあります。そんな時にはメイクで徹底的に隠しちゃいましょう★シミを隠して美肌に見せる為のメイク術をこっそり教えちゃいます!【シミを隠すメイク術】*化粧下地・・・いくらしっかりシミをカバーしても、時間が...

シミに対しての対処法として、ここまでは自宅で出来るセルフケアや病院などでの治療についてご紹介してきました。それでは次に、飲んでシミに効くサプリにはどんなものがあるのか、サプリに含まれている有効成分も併せてご紹介していきます。【シミに効く美容成分】・ビタミンC言わずと知れた、美肌を作る美容成分の1つ。ビタミンCには活性酸素を除去して体の酸化を防ぎ、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きがあり...

シミと色素沈着、見た目はどちらも似ていますが、その種類や原因は全く異なります。そしてその種類によって、セルフケアで治るものと治らないものとに分かれます。まずはシミと色素沈着の違いからご説明していきます。【シミとは?】シミは、その原因のほとんどが紫外線によるものと考えられています。その他、妊娠や出産などでの女性ホルモンの変化によって出来ると考えられている肝斑などもあります。こういったシミは、有効成分...

一度出来るとなかなか消えないシミ。シミがあると自分の肌に自信が持てなくなり、気分も下がりがちになります。そんな憎いシミ、消せるものなら1分1秒でも早く消したい!その為には外側からのケアだけでなく、内側からのケアもWで取り入れてみましょう!ここではシミに効くとされている栄養素と、その栄養素を含む代表的な食べ物をご紹介します。【シミに効く!栄養素一覧】@ビタミンC美白栄養素の代表的存在。シミの原因とな...

ひとくちにシミといっても、20代、30代、40代、50代と、年齢によって出来る原因やシミのタイプが異なります。ここでは、それぞれの年齢で出来るシミのタイプとその原因、さらに効果的な対処法をご紹介します。20代で出来るシミ20代で出来るシミは、おもに老人性色素斑と炎症性色素沈着です。老人性色素斑とは、強い紫外線を浴びる事によって出来るシミで、シミの大半がこれに該当します。色白でキメが細かい肌の人に起...

日焼けによるシミやそばかすを防いでくれる美白美容液って高価なものが多いですよね?!できれば毎日のスキンケアに美白美容液を使いたいけど、どうしても手が届かない・・・ってあきらめている方も多いのでは?実はプチプラ化粧品でも自分に合った美白美容液ってあるんです!【プチプラ美白美容液ってどんなものがあるの?】価格帯、肌質別でおすすめ美容液をご紹介しますね。<3,000円以下>エビータ ホワイトエッセンスV...

万能薬として昔の人から愛されている馬油。シミにも効くと言われていますが、本当に効くのか気になりますよね?!馬の油っていう事で、ベタベタするのでなかなか塗るのに抵抗がある方も多いのではないでしょうか?ただ、シミに効くとなると試してみたくなりますよね?そんな気になる馬油について効能や使い方についてご紹介します☆【馬油は浸透力が強力?馬油の特徴について解説・・・おまけに副作用もない!】馬油は人間の皮脂と...

シミは女性だけの悩みだと思っている方もいると思いますが、実は男性の肌にもシミはできてしまうんです。最近では、「男も美肌!」という感じで、美容に力を入れている男性も増えてきていますが、大半の男性の方は美容に無頓着な方が多いのではないでしょうか?紫外線対策をしていないため、シミになってしまったという方の声をよく耳にします。シミができてしまったらもう遅い?そんな事はありません。男性のシミ対策について、ご...

紫外線が原因でできたシミをどうにかしたいって多くの女性は悩んでいます。しかしそう思っても、シミを消す方法って皮膚科や美容外科で治療してもらうしかないのでは??と頭を抱えている方もいるでしょう。実は、簡単に自宅ケアでシミを消す方法があるんですよ。そんな自宅ケアで簡単にシミを消せる方法をご紹介します☆<シミを消すのに効果のある成分って・・・?>シミを消すのに効果がある成分ってどんなものがあるのでしょう...

口周りのひげのあたりにシミができてる人っていますよね?なぜ?ってひげのあたりの皮膚は繊細だからです。この口周りのシミを取るのは難しく、一時的なシミではないので、ずっと残ってしまう事があるんです。でも、解消するコツもあるんですよ!その解消するコツは、日焼け止めを使う方法です。50以上の日焼け止めを外出する30分前に顔や特に口周りに塗ると、夏でも冬でも効果があるんです。<シミの原因ってなに?>シミの原...

年齢を重ねると、多くの人がシミに頭を悩ませています。シミが出来てしまったら、一生付き合っていかなければいけないかも?!と落胆してしまいます。男性でもシミで悩んでる方は多く、老けて見られる事もありますので、どうしても治したいですよね?実はシミは、紫外線の影響を受けますし、しわやたるみも紫外線の影響を受けます。シミの原因と効果的な予防策をご紹介します☆【シミが出来る8つの原因・・・?】シミの元になるの...

シミって目元に集中していませんか?皮膚は、紫外線を浴びることによって、皮膚の内側で活性酸素が発生。表皮の最下層にあるメラノサイトを刺激し、メラニン色素がたくさんつくられ、シミの原因となってしまうんです。目元や頬は、紫外線が当たりやすいので、どうしても紫外線の影響を受けてシミが出来てしまいます。色素沈着もシミの原因で、目元は特にアイシャドウなどのメイクで色素沈着を起こしやすくなっているので、シミにな...

シミ対策の化粧品ってたくさんあるけど、本当に効いてるか分からない・・・という声を聞く事があります。一般的に入手できるシミ対策化粧品では、効果を実感できていない方が意外に多いんです。そこで、飲み薬はどうでしょう?サプリメントなどの補助食品ではなく、しっかりと効果が期待できる医薬品について解説していきます☆<シミに飲み薬は効果があるのかな?>シミ対策は、多くの人が直接肌に塗る化粧品や美容外科で処方され...

女性芸能人の方で、「そばかす」をチャームポイントとして、役に生かしている方も多くいらっしゃいますよね。一般的に「そばかす」はマイナスイメージで悩んでいる方もいらっしゃいますが、「そばかす美人」という言葉があるんですよ。「そばかす」に悩んでいる方もあまり深刻に考えすぎずチャームポイントとしていきましょう。【実はそばかす美人の女性芸能人】<新垣結衣さん>普段TVで見ていると「そばかすあるの??」って思...

正直コンシーラーを使いこなせてる方ってどのくらいいらっしゃるんでしょうか?コンシーラーってみなさん持っていますか?シミやそばかすなどをカバーする為に使う化粧品ですが、ドラッグストア並んでいるものを見ると種類が豊富でどれが自分に合ったものかわかりづらいですよね。コンシーラーにも種類ごとにオススメの使用方法があります。<リキッド>液体のコンシーラーで塗りやすいのが特徴で伸びもいいので広範囲に塗れます。...

<紫外線による老化>遺伝的なもので幼少期からそばかすがある方は、思春期が終わると自然と薄くなっていきますが紫外線によるものは別です。紫外線を過剰に浴びることにより肌を守るために「メラニン」を作るように肌が指示してしまうのです。メラニンが繰り返し作られることにより老化の元である「活性酸素」が生まれ肌に黒ずみができていきます。この反応自体は肌が紫外線から身を守るために行う反応なので、実際にシミやそばか...

コンシーラーはシミ・そばかすを隠すためには必須アイテムなんです。シミ・そばかすにお悩みの方でメイクポーチにコンシーラーがない方はすぐに買っておきましょう!コンシーラーにも種類や色もありますので、自分に合ったコンシーラーを見つけましょう。コンシーラーの使用方法には注意が必要です!順番を間違えて使うと化粧崩れの元になりますのでしっかりと覚えておきましょう。1:化粧下地を塗る2:リキッドファンデーション...

そもそも「そばかす」の定義とはなんでしょう?皮膚にできるシミの一種で「数ミリ程度」の「茶色いシミ」の集まりがそばかすというようです。これから紹介するシミの種類はサイズによって「そばかす」と呼ぶこともあるようです。そばかすもサイズは小さいですが「シミ」なんですね。【肝斑(かんぱん)】<原因>顔に左右対称にできるシミのことを肝斑と呼び、最近よく広告などでも目にする言葉です。30代?40代の女性にできや...

幼少期からあるそばかすの悩みですが、10代の女子が思春期に入り悩みだすようです。遺伝子的なもので、生まれつきそばかすがあると、周りからは「かわいい」という印象があっても「顔が汚いなぁ」と思われているかもと不安になるようです。幼少期からの場合は「レーザー治療」で消す方法がベストのようです。美白溶液などでは改善されにくいため、どうしてもきになる方は美容外科でレーザー治療を受けましょう。【高校生になって...

実は肌が綺麗に見える欧米人ですが、よく見るとそばかすがある人ってたくさんいるんです。日本人の方が実は肌が綺麗な方って多いんですよ!そばかすはシミの一種でサイズが「数ミリ」のシミのことを言います。そばかす自体小さなシミなので、欧米人の方がシミにもなりやすいんです。遺伝的なそばかすは日本人には少なく、紫外線に当たることでメラニンの生成が活発化し活性酸素ができることによって小さなシミが発生し「そばかす」...

10代・20代のそばかす対策について解説していきます。この年代は日常生活の中で紫外線を浴びやすい時期です。10代の頃から紫外線対策をしていないと大人になってから大きく後悔することも、、、。かといって、お小遣いの中から化粧品を購入するのも大変ですよね。それでも「日焼け止め」はしっかりと塗っておきましょう!この年代でいかに対策できたかで、将来できるシミ・そばかすの量に差が出てきます。<人気アイテム>・...