キミエホワイトプラス ジェネリック

キミエホワイトプラスにはジェネリック医薬品はないの?

キミエホワイプラスジェネリック

 

キミエホワイトプラスですが、ジェネリックは製造されていません。

 

また、キミエホワイトプラスは一般の販売店では取り扱いがなく、公式サイトだけで購入できる商品となります。

 

当然、公式サイトで取り扱っているのは全て正規品なので安心してご購入頂けます。

 

キミエホワイトプラスの類似品はあるの?

 

キミエホワイプラスジェネリック

 

キミエホワイトプラスと同じように、シミ・そばかすを消すサポートしてくれるとして類似品がいくつかありました。

 

・ロスミンローヤル(アインファーマシーズ)

 

※シミだけでなく、小じわにも効く

 

・シミトール(水橋保寿堂)

 

※一般的なシミに効く薬と比べて値段がリーズナブル

 

・ミルセリンホワイトNKB(京都薬品ヘルスケア)

 

※シミ取り薬特有のにおいが無く、飲みやすい

 

・トランシーノホワイトC(第一三共ヘルスケア)

 

※愛用者やリピーターが多く、知名度も高い

 

個々に特徴があり、有効成分の含有量や価格なども違ってきます。

 

シミ・そばかす、日焼けなどの色素沈着に効果の高いキミエホワイトプラスですが、その他に効果・効能を求める場合など、自分に合ったものをお試しになるといいかと思います。

 

そもそもジェネリック医薬品って何!?

 

キミエホワイプラスジェネリック

 

ジェネリック医薬品という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

今は、自分でお薬を選ぶことができるようになり、薬局で薬を処方してもらう際に「ジェネリック医薬品がある場合はそちらでいいか」などのような質問が記載されるようになりました。

 

では、ジェネリック医薬品が正規のお薬に比べて安価だと知っている人はいると思いますが、なぜ安価なのか、きちんと把握しているでしょうか。

 

ジェネリック医薬品とは

 

キミエホワイプラスジェネリック

 

ジェネリック医薬品とは、これまで有効性や安全性が実証されてきた新薬と同等と認められた低価格のお薬になります。

 

新薬の特許期間が切れると他メーカーも有効性や安全性がすでに実証されている同成分や効き目に合わせて開発するため、新薬より安価になりやすいのです。

 

ですが、ジェネリック医薬品は新薬と同じ成分でも製造している場所が異なるので類似品と説明するのが正しいとも言えます。

 

ジェネリックのメリット・デメリット

 

キミエホワイプラスジェネリック

 

先ほども述べたように、ジェネリックのメリットとしては、「新規に開発を行っていないために費用を抑えられることで安価に薬を手に入れることができる」が挙げられます。

 

また、「少しでも飲みやすいように工夫」もされています。

 

その一方でデメリットは、特許期間が切れたとしてもそれは薬本体で、有効成分や剤形などの製剤特許が切れていないことがあります。

 

製剤特許が切れていなければ、同じ剤形にすることはできませんし、添加物も同様のものを使用することができません。

 

薬の添加物や剤形が変わると、薬の溶け出す速度が変化したり、有効成分が分解されやすくなったりします。その結果、「薬の効きすぎ」や「効果が出にくい」などの可能性があるということです。

 

まとめ

 

キミエホワイプラスジェネリック

 

いかがでしたか?キミエホワイトプラスにはジェネリック医薬品は存在せず、また公式サイトで販売されているのは正規品のみなので、間違って類似品を購入してしまったなどということもありません。

 

購入を検討されている方は、ぜひ一度キミエホワイトプラスの公式サイトを覗いてみてください。

 

>>キミエホワイトプラスの公式サイトはこちら