キミエホワイトプラス ハイチオールC

キミエホワイトプラスとハイチオールCを徹底比較!

キミエホワイトプラスハイチオールC

 

キミエホワイトプラスも、ハイチオールCも、どちらも医薬品で「シミに効果的」とうたっています。

 

どちらも効果が期待できそうですが、さて、どちらがシミにより効果的なのでしょう・・・?

 

キミエホワイトプラスとハイチオールCに含まれている成分から探っていくことにしましょう!

 

キミエホワイトプラス、ハイチオールCの成分比較

 

キミエホワイトプラスハイチオールC

 

<キミエホワイトプラス>

 

●L-システイン 160mg
●アスコルビン酸(ビタミンC) 500mg
●ニコチン酸アミド 60mg
●リボフラビン(ビタミンB2) 12mg
●パントテン酸カルシウム 24mg

 

<ハイチオールC>

 

●L-システイン 240mg
●アスコルビン酸(ビタミンC) 500mg
●パントテン酸カルシウム 24mg

 

キミエホワイトプラスとハイチオールCの成分を比較してみたとろこ、両者ともほとんどの成分が美白有効成分だということがわかりました。

 

また、キミエホワイトプラスは、キミエホワイトには配合されていないパントテン酸カルシウムを配合し、バージョンアップしました☆

 

キミエホワイトプラスは、「本当に効くの?」「詐欺じゃないの?」などという評判もあるようですが、成分を見ると確かな効果が期待できる医薬品と言えるでしょう。

 

成分から見てみると、有効成分やビタミンB2が配合されているキミエホワイトプラスの方が、ハイチオールCよりもシミへの効果が期待できるのではないでしょうか。

 

その他比較

 

キミエホワイトプラスハイチオールC

 

キミエホワイトプラス、ハイチオールCの成分比較をしてみましたが、効果の違いなどはあるのでしょうか?

 

それぞれを比較していきます!

 

<キミエホワイトプラス>

 

仕様

 

・93錠(31日分)1日3錠(1錠×3回)
・第3類医薬品(厚生労働省に効能を認証されています)

 

効果

 

・シミ予防、ソバカスや日焼けなどによるメラニン沈着の抑制
・妊娠中や授乳中、病中病後などのビタミンC補給

 

価格

 

4,536円(※定期購入なら初回通常価格の55%OFF価格2,052円で購入いただけ、送料無料、代引手数料無料です。)

 

<ハイチオールC>

 

仕様

 

・180錠(30日分)1日6錠(2錠×3回)
・第3類医薬品(厚生労働省に効能を認証されています)

 

効果

 

・シミ予防、ニキビ、じんましん、湿疹、かぶれ、薬負け
・二日酔いの予防、全身の倦怠感の緩和

 

価格

 

4,200円(※期間限定で通常価格の56%OFF価格1,865円で購入いただけます。)

 

キミエホワイトプラス、ハイチオールCの比較まとめ

 

キミエホワイトプラスハイチオールC

 

キミエホワイトプラスもハイチオールCも第3類医薬品に分類されている、効果が大変期待できる医薬品です。

 

成分からは、有効成分やビタミンB2が配合されているキミエホワイトプラスの方がシミに効果的と言えるでしょう。

 

また、キミエホワイトプラスは、メラニン沈着の抑制効果をうたっていますので、ハイチオールCより効果が期待できるのではないでしょうか。

 

価格面でも両者に大差はありませんので、成分、効果などからキミエホワイトプラスがおすすめだと言えます☆

 

ご興味のある方は、一度キミエホワイトプラスの情報がたくさん載っている公式サイトをチェックしてみませんか?

 

>>キミエホワイトプラスの公式サイトはこちら