キミエホワイトプラス 鈴木健二

キミエホワイトプラスを作ったのは、富山常備薬グループの社長って本当?

キミエホワイトプラス

しみ・そばかすの改善に期待のできるキミエホワイトプラス。

 

キミエホワイトプラスをインターネットで検索してみると、「キミエホワイトプラス 社長」や「キミエホワイトプラス CM」、「マザコン」といった文字が目につきます。

 

普段、他の商品を検索しても出てくることのない「社長」や「マザコン」の文字。

 

しみやそばかすに全く関係のないこの単語、あまり気持ちのいい単語ではない分、なんだか気になりますよね。

 

キミエホワイトプラスと「社長」「マザコン」はいったいどのような関係なのでしょうか?

 

キミエホワイトプラスを作ったのは、代表取締役専務の鈴木健二さん

 

キミエホワイトプラスを検索すると出てくる「社長」という単語から調べてみました。

 

キミエホワイトプラスを販売しているのは富山常備薬グループという会社ですが、代表取締役社長は薄井啓介さんという方です。

 

富山常備薬グループのリョウシンJV錠という商品を企画したのが、この薄井啓介社長。

 

関節痛に悩む両親のために、社長の薄井啓介さん自らがリョウシンJV錠を企画したのだそうです。

 

リョウシンJV錠という名前は、「両親」と「良心」をかけているとのこと。

 

では、キミエホワイトプラスも薄井啓介社長が開発したのでしょうか?

 

富山常備薬グループのキミエホワイトプラス、開発に携わったのは、また別の人物のようです。

 

キミエホワイトプラスは、富山常備薬グループ代表取締役専務の鈴木健二さんが作った商品。

 

キミエホワイトプラスのCMに鈴木健二専務が出ていることから、どうやら富山常備薬グループの社長だと勘違いしてしまう人が多かったようです。

 

鈴木健二専務がお母さんのために作ったのがキミエホワイトプラス

 

キミエホワイトプラス

 

キミエホワイトプラスのCMに出演している鈴木健二専務。

 

どうして鈴木健二専務みずからがCMに出ているのでしょうか?

 

それは、キミエホワイトプラスは鈴木健二専務がしみで悩むお母様のために作った商品だからです。

 

しみやそばかすに悩み、性格も落ち込み暗くなってしまった専務のお母様。

 

そんなお母様を助けたいという気持ちから、鈴木健二専務がキミエホワイトプラスの開発に乗り出しました。

 

そうして開発された商品に、お母様の名前をとって名づけられたのがキミエホワイトプラス。

 

その気持ちをCMで述べているのと、お母様の名前を商品につけたところ、それが「マザコン」の噂の根源のようです。

 

どうして「マザコン」になってしまうのでしょうね。素敵な話だと思うのですが。

 

リョウシンJV錠もキミエホワイトプラスも、親を思う気持ちから作られた商品。

 

「マザコン」という言葉がネットで目につくのは、鈴木健二専務のお母様を思う気持ちがねじれて伝わってしまった為なのですね。

 

まとめ

 

キミエホワイトプラスは富山常備薬グループの専務、鈴木健二さんの作った商品でした。

 

口コミではマザコンなどいろいろ言われているようですが、お母様を思う気持ちから商品を開発してしまうなんてすごいですよね。

 

そんなキミエホワイトプラスの詳しい情報は、こちらのページで確認できます。

 

>>キミエホワイトプラスの詳細はこちら