キミエホワイトプラス インフォマーシャル

キミエホワイトプラスのインフォマーシャル|コマーシャルとは何が違うの?

キミエホワイトプラス

キミエホワイトプラスのCMには、富山常備薬グループの代表取締役専務の鈴木健二さんが出演しています。

 

坊主頭が印象的な、鈴木健二専務のキミエホワイトプラスのコマーシャル。

 

CMの中では鈴木健二専務が、しみやそばかすに悩むお母様のためにキミエホワイトプラスを開発したことなどを話しています。

 

このキミエホワイトプラスのようなCMは、どうやら「インフォマーシャル」と呼ばれるようです。

 

キミエホワイトプラスはこの「インフォマーシャル」に力を入れているようですが、いったいこのインフォマーシャル、普通のコマーシャルとはどう違うのでしょうか?

 

コマーシャルより情報が豊富なインフォマーシャル

 

キミエホワイトプラスのCMでは、鈴木健二専務がキミエホワイトプラスについて語っています。

 

鈴木健二専務がキミエホワイトプラスを開発するまでのいきさつなど、坊主頭が印象的な鈴木健二専務がキミエホワイトプラスを語る様子にカメラが向けられています。

 

このような形式で、番組のように商品を紹介するものを「インフォマーシャル」と呼ぶようです。

 

テレビショッピングの商品紹介もインフォマーシャルなんですね。

 

「インフォメーション」と「コマーシャル」が掛け合わされて出来たのが、「インフォマーシャル」という造語。

 

インフォメーションという単語が入っているように、普通のコマーシャルとは違い、長い時間をかけて商品の情報を説明します。

 

テレビショッピングもインフォマーシャルなので、長いものでは1時間近くになるものもあるのでは。

 

商品の詳しい説明や使い方、実際に使ってみた感じなど、その商品の詳しい「インフォメーション」が紹介されるインフォマーシャル。

 

短い秒単位のコマーシャルよりも、商品の詳しい情報が詳しく分かるのがいいですね。

 

キミエホワイトプラスのインフォマーシャル出演者

 

キミエホワイトプラスのインフォマーシャル、特に印象的なのは富山常備薬グループ取締役専務の鈴木健二さんですよね。

 

鈴木健二専務がずっとインフォマーシャルを担当しているのかと思いましたが、そうではないんですね。

 

モデルさんをはじめとするいろいろな方が、キミエホワイトプラスのインフォマーシャルに出演しているようです。

 

久本雅美さんの妹、久本朋子さんもテレビショッピングでキミエホワイトプラスを紹介していました。

 

芸能人であるみなさんがどのようにキミエホワイトプラスを紹介するのか、気になるところですね。

 

まとめ

 

キミエホワイトプラス

 

キミエホワイトプラスは一般のCMではなく、テレビショッピングやインフォマーシャルでの通販に力を入れていたようです。

 

もちろん、インターネットでも通販をしています。

 

キミエホワイトプラスのインフォマーシャルは見れないけれど、もっとキミエホワイトプラスの情報が知りたいという方もいるのではないでしょうか。

 

そんな方は、こちらのキミエホワイトプラスの公式通販サイトをのぞいてみて下さい。

 

>>キミエホワイトプラスの詳細はこちら