キミエホワイトプラス 効果的な飲み方

しみ、そばかすに飲んで効くキミエホワイトプラスの効果的な飲み方は?

キミエホワイト飲み方

 

キミエホワイトプラスは、キミエホワイトをリニューアルされて、「しみ、そばかすの緩和」から、「しみ、そばかすに飲んで効く」になりました。効果がパワーアップされたんです。その秘密は、医薬品有効成分であるL-システインの1.5倍増量されたことです。

 

L-システインは、黒色メラニン、生成を抑制、排出する成分で、キミエホワイトプラスには第3類医薬品として承認されている上限まで配合されたのが最大のリニューアルポイントです。

 

また、しみ、そばかすばかりではなく、新成分の配合により、にきび、湿疹、かぶれなどの肌トラブルへの効果も期待できるようになりました。今回は、パワーアップされたキミエホワイトプラスの効果的な飲み方をお伝えします。

 

キミエホワイトプラスの効果的な飲み方

 

キミエホワイト飲み方

 

<キミエホワイトプラスの飲み方>

 

キミエホワイトプラスは、1回1錠を食後に飲むのを基本として、1日3錠を服用することがすすめられています。キミエホワイトプラスの一瓶には、31日分として93錠入っているので、1ヶ月1日3錠を服用するように計算されていますね。

 

また、キミエホワイトプラスは作用が穏やかなので、本来の効果が得られるには、ある程度の期間服用することが必要です。1日3錠を守って、継続するのが効果的な飲み方となります。

 

食後の目安ですが、食事が済んでから約30分以内とされています。食後に服用するのは、胃の中に食べ物があることで、薬が胃を荒らすのを防ぐ役割もあるからです。空腹のままキミエホワイトプラスを服用するのは、決して効果的な飲み方とは言えません。

 

何らかの理由で食事ができなかった場合でも、胃を保護するために、パン一切れ、おにぎり1個、おかゆ少々を口にしてから、キミエホワイトプラスを服用するようにしてください。

 

<肌のターンオーバー年齢別の目安>

 

肌が生まれ変わる新陳代謝のサイクルは、ターンオーバーと呼ばれています。その期間は、通常28日間と言われています。もちろん、個人差もあって、年齢別の目安が記載されている文献も多数見られます。

 

10代は20日前後、20代は28日前後、30代は40日前後、40代は55日前後、50代は75日前後、60代は100日前後がターンオーバーの目安です。これらの期間を参考にして継続するのが、キミエホワイトプラスの効果的な飲み方となります。

 

服用期間から考えた場合のキミエホワイトプラスの効果的な飲み方は、キミエホワイトプラスの公式通販サイトでは、42日+年齢を目安として、まずは2〜3ヵ月の服用をすすめられています。

 

まとめ

 

キミエホワイト飲み方

 

以上、キミエホワイトプラスの効果的な飲み方をお伝えしました。

 

キミエホワイトプラスの効果を実感するためには、継続して飲むことが大事です。ターンオーバーを参考にして、しみ、そばかす、にきび、湿疹、かぶれなどの肌トラブルを解消してください。

 

>>キミエホワイトプラスの詳細はこちら