キミエホワイトプラス 効き目

キミエホワイトプラス、しみ・そばかす以外の効き目もある?

キミエホワイトプラスあるだけで実年齢より老けて見えてしまう、悩みの種のしみ・そばかす。

 

気になる顔のしみ・そばかす、なんとか改善したいものですよね。

 

化粧品はもちろんですが、身体の内側からしみ・そばかすに働きかけるなら、やっぱりサプリメント。

 

とはいっても、しみ・そばかすに効き目のあるサプリメントは種類が豊富。どの商品がいいのか迷ってしまうほど。

 

そんな数あるサプリメントの中で、キミエホワイトプラスの名前を耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか。

 

数多くあるしみ・そばかすのサプリメントとは違い、第三類医薬品に分類されるキミエホワイトプラス。

 

第三類医薬品のキミエホワイトプラス、しみ・そばかすへの効き目はどうなのか、気になりますよね。

 

しみ・そばかすに効き目のある成分がパワーアップ

 

従来の「キミエホワイト」がリニューアルしてパワーアップしたのが、「キミエホワイトプラス」。

 

いろいろ改善されたようですが、一番の注目はそのL−システインの含有量。

 

しみ・そばかすに効き目のあるL−システインの含有量が、「キミエホワイト」からパワーアップしました。

 

新しい「キミエホワイトプラス」は、「キミエホワイト」の160mgから50%増量の240mgになったようです。

 

L−システインは黒色メラニンの生成を防ぎ、肌に沈着したメラニンを外に排出する役割のある成分。

 

しみ・そばかすに働きかける薬やサプリメントにはかかせません。

 

アスコルビン酸とよばれるビタミンCとL−システインが助け合い、しみ・そばかすができる前にメラニンの生成を抑制します。

 

さらに、肌の生まれ変わりを助けるパントテン酸カルシウムも配合。肌の代謝を良くして、L−システインと共にメラニンを外に押し出します。

 

キミエホワイトプラスのしみ・そばかすへの効果は、肌のターンオーバーを考慮しているんですね。

 

第三類医薬品ならでは、キミエホワイトプラスの効き目いろいろ

 

キミエホワイトプラス

 

キミエホワイトプラスは、第三類医薬品に分類されます。

 

医薬品というのは、その効能や効果が承認されているもののこと。

 

キミエホワイトプラスは、いろいろな効果・効能が医薬品として認められています。

 

しみ・そばかす・日焼けによる色素沈着はもちろん、にきびや湿疹、じんましんの改善にも期待ができます。

 

さらにL−システインの働きから、二日酔いや倦怠感にも効き目があるとされています。

 

しみ・そばかすに効き目のあるサプリメントはいろいろありますが、その効果が承認されているのは、第三類医薬品のキミエホワイトプラスならではですね。

 

キミエホワイトプラスの効き目まとめ

 

しみ・そばかすに効き目のある商品はたくさんありますが、その中でも第三類医薬品と分類されている、数少ない商品がキミエホワイトプラス。

 

効果・効能が認められている分、サプリメントよりも効き目にはできそうですね。

 

気になるキミエホワイトの詳細はこちらからどうぞ。

 

>>キミエホワイトプラスの公式サイトはこちら