キミエホワイトプラス 効かない

キミエホワイトプラス、実は効かないって本当なの?

キミエホワイプラス効かない

 

CMなどでも見かけるキミエホワイトプラスですが、ネット上では「効かない」「効果なし」などの意見が少なからずあります。

 

ですが、キミエホワイトプラスは、何に効果があるということを表示できる第3類医薬品です。人によって効果が出やすい、出にくいなどはありますが、本来であれば効き目が保証されているはずのお薬になります。

 

では、なぜ「効かない」「効果なし」などの口コミが多いのでしょうか。

 

その原因を探ってみたいと思います。

 

服用期間について

 

キミエホワイプラス効かない

 

お肌のターンオーバーという言葉を聞いたことはありませんか?これはお肌の表皮が新陳代謝している様子を言い表しています。

 

ターンオーバーのサイクルは28日が標準日数なっていますが、その一方で老化やストレスなどで新陳代謝が落ちていると、35日、40日と長くなる傾向があります。

 

ですので、できれば年齢分の日数を足した期間、例えば30歳の方でしたら 28 + 30 = 58 日間(およそ2ヶ月間)は様子を見てほしいのです。

 

短い間だけ飲んで「全然、効かない!」なんて思っていたりしませんか?キミエホワイトプラスの効果を実感できるのは、ある程度の期間を試す必要があるのではないでしょうか。

 

生活習慣について

 

キミエホワイプラス効かない

 

キミエホワイトプラスを服用しているからと言って、何をしてもいいという訳ではありません。お肌に悪いとされることをしていれば、キミエホワイトプラスを飲んでいてもお肌の状態が改善することはありません。

その1 紫外線対策

 

シミ・そばかすの大敵は紫外線です。日焼け止めや日傘・帽子などを活用し、紫外線対策をしっかり行ってください。

 

紫外線の中には雲を突き抜けるものもありますので、晴れの日だけでなく、曇りの日でも対策を行ってください。

 

その2 生活習慣の乱れ

 

寝付いてから3時間がお肌のゴールタイムだということをご存知でしょうか。

 

この時間に集中して成長ホルモンが分泌されますので、美肌のためには質の良い睡眠を取ることが大切です。また、過度な飲酒やタバコもお肌には良くありません。

 

お酒は適度であれば健康にも良いとされていますが、飲みすぎは良くありません。タバコも百害あって一利なしと言われるように、お肌に悪影響を及ぼします。

 

同じように、ストレスや疲労もお肌に良くありません。

 

それらはホルモン分泌の乱れにつながって新陳代謝に影響を及ぼし、正常なターンオーバーの妨げにもなります。ストレス・疲労はできる限り溜めないようにしてください。

 

その3 食生活について

普段の食事からビタミンCとEは十分に摂れているでしょうか。

 

ビタミンCは色素沈着の排出に役立つ上、肌に良いコラーゲンの生成や、抗ストレス作用も期待できます。ビタミンEは抗菌作用、別名若返りのビタミンとも言われています。

 

ビタミンC・Eだけにこだわる必要はありませんが、ビタミンCやEを意識して摂取することによって、より美肌に近づくことができますよ。

 

スキンケアついて

 

キミエホワイプラス効かない

 

正しい洗顔方法を知っていますか?

@ 顔料をしっかりと泡立て、その泡で肌になるべく指が触れないよう洗います。
A ぬるま湯でよくすすぎ、洗顔料がお肌に残らないようにします。
B 清潔なタオルで押さえるようにして水分を取ります。
C 洗顔後は3分以内に保湿します。

 

洗顔の最大の間違いはこすり過ぎです。

 

キレイにしたいとゴシゴシ洗うと、その刺激によって色素沈着が起きることもあるので、正しい洗顔を心がけましょう。

 

まとめ

 

キミエホワイプラス効かない

 

いかがでしたでしょうか?

 

キミエホワイトプラスを「効果なし」とした理由について、様々な観点から見てみました。思い当たることはありませんでしたか?

 

キミエホワイトプラスが効かないと嘆く前に、ぜひ一度本コラムに目を通してみてください。参考になるといいですね。

 

>>キミエホワイトプラスの詳細はこちら