キミエホワイトプラス 肝斑

肝斑に対して、キミエホワイトプラスは効果があるの?

キミエホワイト肝斑

 

今回は、肝斑(かんぱん)とは?についてお伝えしてから、肝斑に効果のある市販薬のランキングを紹介します。

 

ランキングを参考にして、キミエホワイトプラスの肝斑への効果をご確認ください。

 

肝斑(かんぱん)とは?

 

キミエホワイト肝斑

 

肝斑とは、頬や額などに左右対称に広がることが特徴的な「薄茶色のしみ」のことです。顔が老けたような感じになってしまい、メイクをしても肝斑の輪郭が浮き出てしまうことが悩まされるところですよね。

 

肝斑の治療に使われる内服薬には、「トラネキサム酸」や「L-システイン」などの成分が含まれています。

 

美白外用薬では、「ハイドロキノン」「トレチノイン」などが含まれたものになります。なお、医師が処方するものと市販薬では濃度が違うなどの差があります。

 

肝斑に効果のある市販薬の評価ランキング

 

キミエホワイト肝斑

 

ランキングは、効果以外にも、口コミ評価や購入しやすい点などを考慮しています。

 

トランシーノU

 

キミエホワイト肝斑

 

トランシーノUは第1類医薬品なので、薬剤師さんを通して購入することになります。薬剤師さんからは、他に病気をしていないか、他に飲んでいる薬はないか、過去に副作用暦がないかを確認されます。また、妊娠中、授乳中であるかなどもチェックされます。

 

トランシーノUは、トラネキサム酸が配合された「肝斑に特化された薬」です。トラネキサム酸以外に配合されている成分は、L-システイン、アスコルビン酸(ビタミンC)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、パントテン酸カルシウムです。

 

キミエホワイトプラス

 

キミエホワイト

 

キミエホワイトプラスは、リニューアルによって、メラニン色素を排出する「L-システイン」が増量されています。また、肌のターンオーバーを促進させる「パントテン酸カルシウム」が新しく配合されたことで、しみ、そばかすなどを薄くするパワーがアップしています。肝斑への効果も期待も十分です。

 

ロスミンローヤル

 

ロスミンローヤル

 

ロスミンローヤルの配合されている成分は、

 

ローヤルゼリー、L-システイン、DL-メチオニン、アスコルビン酸(ビタミンC)ビタミンE散(50%)、チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)、リボフラビン(ビタミンB2)、ニコチン酸アミド、パントテン酸カルシウム、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、シアノコバラミン(ビタミンB12)、カルニチン塩化物、安息香酸ナトリウムカフェイン、グリチルリチン酸一アンモニウム、トウキ末、シャクヤク末、ブクリョウ末、ソウジュツ末、タクシャ末、センキュウ末、ハンゲ末、ニンジン末

 

の以上です。

 

ご覧の通り、生薬成分と美白有効成分が含まれていて、効果としては、女性ホルモンのバランスを整えること、血行を促進すること、メラニン色素の抑制排泄することが挙げられます。

 

肌に良いとされる成分が多いので、肝斑への効果も期待が高いです。

 

まとめ

 

キミエホワイト肝斑

 

以上、肝斑に効果のある市販薬の評価ランキングをお伝えしました。キミエホワイトプラスは、2位という評価です。肝斑でお悩みの方は参考にしながら、自分に合ったものをお選びください。

 

 

>>キミエホワイトプラスの詳細はこちら
キミエホワイト

 

 

>>ロスミンローヤルの詳細はこちら
ロスミンローヤル