キミエホワイトプラス 二日酔い

キミエホワイトプラスって、二日酔いにも効果があるの?

キミエホワイトプラスと言えば、しみ、そばかす、肌トラブルなどに飲んで効く第3類医薬品ですよね。

 

キミエホワイトプラス二日酔い

 

ところが、二日酔いにも効果があると聞いたことはありませんか?

 

二日酔いにも効果があるなら、肌の悩み解消のために愛飲している奥様が、二日酔いに苦しむご主人にキミエホワイトプラスを分けてあげることができますね。

 

今回は、二日酔いになる原因と二日酔いへのキミエホワイトプラスの効果をお伝えします。

 

なぜ、二日酔いになるの?

 

キミエホワイトプラス二日酔い

 

<アセトアルデヒドが吐き気と頭痛を引き起こす>

 

アルコールが分解される時にアセトアルデヒドが作られます。このアセトアルデヒドは毒性が強いので、嘔吐中枢を刺激する作用があります。アセトアルデヒドが体内に残っていると、吐き気が催されるというわけです。

 

また、二日酔いによる頭痛もアセトアルデヒドが誘発すると考えられています。

 

二日酔いへのキミエホワイトプラスの効果

 

キミエホワイトプラス二日酔い

 

キミエホワイトプラスのL-システインとパントテン酸カルシウムが二日酔いからの回復をサポートしてくれます。それぞれの効果、役割をご覧ください。

 

<L-システイン>

 

二日酔いになる原因ということでお伝えしたように、アセトアルデヒドが悪いしわざをします。このアセトアルデヒドを無毒化したり、アルコールを無害な物質に変える酵素の働きを助けたりする役割を持っているのが L-システインなんです。

 

L-システインは、肌の代謝をサポートするだけではないということですね。お酒を飲む前、飲んだ後に、キミエホワイトプラスを服用して、二日酔いの回避に役立ててください。

 

<パントテン酸カルシウム>

 

パントテン酸は、ビタミンB群に分類される水溶性のビタミンです。脂質、糖分、タンパク質の代謝や皮膚を健康にする働きがあります。また、パントテン酸の欠乏による皮膚炎、湿疹、弛緩性便秘などが生じた場合に処方される成分です。

 

そして、二日酔い対策として、アルコールの摂取により消費されてしまうパントテン酸を補うことが必要になります。

 

二日酔いの一般的なケア

 

キミエホワイトプラス二日酔い

 

二日酔いには、しじみのみそ汁がいいと言われますよね。タウリンとオチアミンを摂取することができるからです。

 

肝臓で作られる胆汁の分泌を増加させて、二日酔いをもたらすアセトアルデヒドの分解の促進させて、体外への排出も進めてくれるのがタウリンとオチアミンなんです。

 

まとめ

 

キミエホワイトプラス二日酔い

 

以上、二日酔いになる原因と二日酔いへのキミエホワイトプラスの効果をお伝えしました。

 

キミエホワイトプラスの成分であるL-システインは、肌の代謝のサポートだけではなく、二日酔いにも効果が期待されます。お酒を飲む前、飲んだ後に、キミエホワイトプラスを服用して、二日酔いを回避してください。

 

また、パントテン酸カルシウムも、アルコールの摂取により消費されてしまうので、積極的に補う必要があります。

 

興味を持たれた方は、ぜひ、キミエホワイトプラスの公式通販サイトで、より詳細な情報を確認されてみてはいかがでしょうか?

 

>>キミエホワイトプラスの詳細はこちら