キミエホワイプラス 男性

キミエホワイプラスは、女性だけでなく、男性や子供でも飲むことができるの?

キミエホワイト男性

 

肌の悩みを解消したいのは、大人の女性ばかりではありませんよね。子供と大人の間の思春期には、ニキビを治すのに苦労します。

 

最近は、男性だって、肌荒れや吹き出物に注意を払います。

 

ニキビ、湿疹、かぶれなどの肌のトラブルをキミエホワイプラスで解消できるなら、男性も、子供も、服用できればいいですね。今回は、男性でも子供でも、肌のトラブルを解消するためにキミエホワイプラスを飲めるのかをお伝えします。

 

キミエホワイプラスは、子供が飲んでもいいの?

 

キミエホワイト男性

 

まずは、子供が飲んでもいいのかを確認していきましょう。

 

<15歳未満は服用できません>

 

用法・用量の記載を見ると、服用量と服用回数の欄には、15歳以上で、1回1錠で、1日3錠となっているんです。そして、15歳未満は、「服用しないで下さい」とあります。

 

15歳未満の子供は飲んではいけないということですね。

 

<思春期ニキビを治すためなら、飲めるのか?>

 

思春期ニキビを治すには、アクネ菌対策ができる化粧水を使うのが王道ですよね。正しく洗顔をすることやバランスの良い食生活を心がけることも、有効だと言われます。

 

キミエホワイプラスのように、体の内側から治すという場合は、2ヶ月〜3ヶ月くらいの期間を費やします。肌のターンオーバーを正常にするというアプローチだからですね。

 

キミエホワイプラスは、15歳以上なら服用できるので、配合されている成分のL-システイン、アスコルビン酸、パントテン酸カルシウムの助けを借りながら、アクネ菌対策ができる化粧水を使ったりするのは、思春期ニキビ対策としては良策でしょう。

 

キミエホワイプラスは、男性が飲んでもいいの?

 

キミエホワイト男性

 

もちろん、15歳以上の男性なら、キミエホワイプラスを服用することができます。問題は、用途ですよね。何のために飲むのか?ということです。公式サイトによると、肌のトラブル以外にも、二日酔いや全身倦怠感にも効果があるとされています。

 

<L-システインの働き>

 

二日酔いや全身倦怠感には、キミエホワイプラスに配合されているL-システインが働きかけます。L-システインの二日酔いへの働きかけは、お酒の代謝産物であるアセトアルデヒドを無毒化したり、アルコールを無害な物質に変える酵素をサポートしたりすることによるものです。

 

また、代謝を促進して、エネルギーの発生を促進することで、全身倦怠感への効果を発揮します。というわけで、男性、女性を問わず、キミエホワイプラスで、二日酔い、全身倦怠感の対策ができるんです。

 

まとめ

 

キミエホワイト男性

 

以上、「キミエホワイプラスは、男性や子供でも飲むことができるの?」ということでお伝えしました。

 

肌のトラブルへのキミエホワイトのアプローチは、男性に対しても同様の働きかけがあります。

 

また、肌のトラブルだけではなく、二日酔いや全身倦怠感にも効果があるので、必要に応じて、キミエホワイトを服用することができます。

 

ニーズがあれば、キミエホワイプラスは男性も飲めるということですね。ただし、15歳未満の子供は服用できませんので、ご注意ください。

 

>>キミエホワイトプラスの詳細はこちら