キミエホワイトプラス 寧薬化学

製造元の寧薬科学からリニューアルしたキミエホワイトプラス。その基本情報をご紹介!

キミエホワイトプラスをご存知ですか?

 

寧薬科学が製造元であるキミエホワイトプラスは、第3類医薬品として承認され、効果も認められたストレスや紫外線、加齢が原因で発生する「シミ・そばかす」に飲んで効くお薬です。

 

キミエホワイプラス製造元

 

肌の生まれ変わりを助ける3つの有効成分がバランスよく配合されているため、黒色メラニンの生成や生産を抑えて排出し、肌の新陳代謝を促進します。
また、肉体疲労時・妊娠・授乳期・病中病後の体力低下時、二日酔いなどにも効きます。

 

そんな寧薬科学が製造元のキミエホワイトプラスについてまとめてみましたので、購入を検討されている方は参考にしてみてください。

 

基本情報

 

薬品名 :キミエホワイトプラス

 

薬のタイプ :市販薬

 

成分 :L-システイン、アスコルビン酸、パントテン酸カルシム

 

添加物 :セルロース、無水ケイ酸、トウモロコシデンプン、ヒドロキシプロピルセルロース、タルク、ステアリン酸マグネシウム、ポリビニルアルコール・アクリル酸、メタクリル酸メチル共重合体、ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース)、酸化チタン、カルナウバロウ

 

薬効分類 :ビタミンC主薬製剤/滋養強壮保健薬

 

製造元 :寧薬科学工業

 

販売元 :株式会社富山常備薬グループ

 

剤型 :フィルムコーティング

 

規制区分 :第3類医薬品

 

3つの有効成分の薬効

 

キミエホワイプラス製造元

 

<L-システイン>

 

シミ・そばかすの原因、黒色メラニンの生成や生産を抑え阻害します。

 

また、皮膚の代謝や分解してメラニンの排出を促し、解毒効果もあるので美肌に有効な成分です。

 

<アスコルビン酸>

 

アスコルビン酸は一般的にビタミンCと呼ばれ、体内で生産できない成分の1つです。

 

美肌効果やメラニン色素の生成を抑える働きを持っています。

 

<パントテン酸カルシム>

 

ビタミンB5とも呼ばれ、体内でCoA(補酵素A)の構成成分として、脂質、糖質、たんぱく質の代謝に欠かせない重要な成分です。

 

肌の生まれ変わりを助けてくれます。

 

効果・効能

 

キミエホワイプラス製造元

 

シミ、そばかす、日焼けなどの色素沈着症、にきび、湿疹、じんましん、かぶれなどの肌トラブル、肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時、二日酔いなどにも効果があります。

 

用法・用量と飲み方

 

キミエホワイトプラスは第3類医薬品です。用法・用量を守って正しく使うようにしてください。

 

服用回数 :1日3回(食後に服用することをオススメします。)

 

用量 :1回1錠

 

対象年齢 :成人(15歳以上) ※15歳未満は服用しないでください。

 

服用期間 :2〜3ヶ月がオススメ

 

※効果の表れかたは人それぞれ異なりますが、肌のターンオーバーは28日間とされていますので、肌の代謝を正すためにも2〜3ヶ月は服用を続けてみてください。

 

副作用

 

副作用リスクの比較的低いものが第3類医薬品に分類されていますが、万が一、下痢・吐き・嘔吐、または湿疹など何らかの症状が出た場合は直ちに使用を中止し、医師・薬剤師などに相談してください。

 

使用期限・保管

 

使用期限とは、開封していない製品を、添付文章に記載されている条件の元で保管した場合に限って品質が保証されます。
開封後は3カ月程度を目安として飲み切るようにしてください。

 

まとめ

 

リニューアルしたキミエホワイトプラスの情報は参考になったでしょうか?
製造元の寧薬化学は、キミエホワイトプラス以外にも色々なお薬を製造を行っている実績の確かなメーカーになります。

 

寧薬科学が製造元であるキミエホワイトプラスが気になるのであれば、ぜひ公式サイトを覗いてみてください。

 

>>キミエホワイトプラスの詳細はこちら